MENU

転職エージェント利用時の登録から内定後までの流れ|フルサポートの転職活動

転職エージェントを初めて利用する人にとって、どのような流れで内定まで進むのか気になると思います。

登録から内定までどういったことをするのか、どれくらいの期間で内定が出るのか、わからないままでは不安ですよね。

転職エージェントを利用した転職活動の流れを知っておくことで、時間効率がアップして内定までの期間を短くできます。

このページでは、転職エージェントを利用した際の登録から内定後までの流れについて詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてください。

転職エージェントを利用した転職活動の流れは、メイテックネクストを元に作成しました。

シーケンス制御メイテックネクスト

製造系エンジニア専門の転職エージェントであり、シーケンス制御転職を考える方なら最初に利用したいエージェントです。

メイテックネクストに興味を持った人は、下記の記事で詳しく解説しているのであわせてご覧ください。

>>メイテックネクストはシーケンス制御転職と相性バツグンの転職エージェント

もくじ

転職エージェント利用時の登録から転職完了までの流れ

転職エージェントを利用する際の流れを説明します。

転職エージェント登録から内定までの流れ

STEP
公式サイトから転職サポートへ登録

メイテックネクストの公式ページから転職支援サービスへ登録する。

登録はたったの5分で完了。

STEP
対面・電話・オンライン面談

専属のキャリアアドバイザーと面談。

あなたの経歴から、強みを言語化してくれる。

STEP
求人紹介

希望する条件に合わせて、アドバイザーから求人の紹介を受ける。

求人は転職サイトに出回っていない非公開求人が多数。

STEP
履歴書・職務経歴書の添削

応募する企業のメドがついたら、履歴書・職務経歴書を作成。

アドバイザーが書類選考に通過する書き方を添削してくれるため、初めての書類作成でも安心。

STEP
企業へエントリー

希望する企業へエントリー。

このタイミングで書類審査を受けます。

アドバイザーが推薦状を添えてエントリーを代行してくれるため、書類選考通過率アップ。

STEP
面接対策&面接本番

対面、オンラインにてアドバイザーとマンツーマンで面接の練習。

応募先企業の面接に近い質問を事前にインプットできる。

STEP
内定獲得!

内定獲得後は、アドバイザーを通じて企業と年収交渉ができる。

自分では言い出しにくい交渉も、アドバイザーが代行してくれる。

STEP
退職

今の職場に退職届を出して、引き継ぎなどをおこないます。

退職に関するトラブルに遭遇した際は、アドバイザーに相談しましょう。

これら8ステップが、転職エージェントを利用して転職活動を終えるまでの流れです。

【ステップ1】公式サイトから転職サポートへ登録する

転職エージェントのサポートを受けるためには、登録ページにアクセスして3つの情報を登録します。

  • あなたの個人情報
  • 履歴書・職務経歴書
  • 転職先に希望する条件

個人情報

個人情報は名前・生年月日・連絡先・住所・学歴など、転職活動に必要な基本データを入力してください。

履歴書・職務経歴書

職務経歴書は登録時に必須ではありません。

登録時に職務経歴書を作ってあれば、データを貼り付けてアップロードするだけなのでスムーズに登録できます。

メイテックネクスト登録、職務経歴書持っている
履歴書か職務経歴書があれば登録時にアップロードしておきましょう【参考:メイテックネクスト】

登録のタイミングで書類を作っていない場合は、現職の簡単な職務内容を記載するだけでも問題ありません。

書類の作り方に自信がない人は、後日実施される初回キャリア面談で、アドバイザーと一緒に履歴書・職務経歴書を作りましょう

メイテックネクスト登録、職務経歴書持っていない
上記会社での職務内容の部分に、簡単な経歴を記入しましょう【参考:メイテックネクスト】

転職先に希望する条件

メイテックネクストでは、転職先に希望する給与や待遇などの条件を初回キャリア面談時に伝えます。

転職エージェントによっては、登録のタイミングで希望条件を入力することもあります。

より希望にあった求人を紹介してもらうためにも、希望条件だけは登録前からしっかりと決めておきましょう

【ステップ2】対面・電話・オンライン面談

転職サポートへの登録が終わったら、登録したメールアドレス宛に初回キャリア面談の予約依頼メールが届きます。

初回キャリア面談を受ける方法は、次の3つが一般的です。

  • 店舗に出向いて対面による面談
  • 電話による面談
  • オンライン面談

3つの中で、気軽に利用できて時間も合わせやすいオンライン面談がオススメです。

オンライン面談では、パソコンかスマートフォンを通して、お互いの顔を写しながら面談をおこないます。

必要な機材は次のとおりです。

準備するもの
スマートフォンスマートフォン本体と面談に使用するアプリのインストール
パソコンパソコン本体とヘッドセット、Webカメラ

パソコンかスマートフォンのどちらで面談を受けたいかは、予約依頼メールに面談を受けたい日時と一緒に返信をしてください。

オンライン面談で使われるアプリは、無料で使える「zoom」「Teams」「skype」が一般的です。

オンライン面談時の服装

オンライン面談を受ける際の服装は、清潔感のある恰好であればスーツでなくてもかまいません

ポロシャツカッターシャツのようなエリ付きのシャツがベターです。

ただし、寝癖がついているままや、無精髭のまま面談を受けるのはNG。

初対面の相手に不快感を与えない程度に、身だしなみを整えて面談に臨みましょう。

【ステップ3】求人紹介

初回キャリア面談が終わったら、面談結果とあなたの希望を元にアドバイザーから求人案件を紹介されます

紹介された求人に応募するかの判断は自由ですが、紹介から1週間以内を目安にアドバイザーへ連絡しないといけません。

このとき応募するかどうかは、YesかNoかではっきりと伝えてください。

回答をしなかったり遠回しな回答をすると、アドバイザー側も求人を紹介しにくくなるためです。

どの部分が自分の希望に合っていないのかフィードバックを送ることで、より希望通りの求人を紹介してもらえるようになりますよ。

アドバイザーから紹介を受けつつ、自分でも求人を探すと求人探しの効率がアップします。

【ステップ4】履歴書・職務経歴書の添削

応募する企業が決まったら、履歴書・職務経歴書の内容を見直しましょう。

アドバイザーに添削してもらい、提出書類の完成度を高めていきます。

最初の頃に書いた書類をそのまま出そうと思っていたけど、ダメなの?

書類選考を確実に通過したいなら、応募企業に応じて内容を修正するべきです。

企業ごとに重要としているスキルや要件が異なるため、採用担当者の目に留まりやすい書類づくりを意識します。

書類選考の際に見られること

応募者から書類が届いた際は、次の順番を優先して見ています。

  1. 文字の丁寧さ
  2. 文章構成
  3. 内容

文字を雑に書きなぐっていたり、文章構成が稚拙だと「本気で受ける気があるのかな…」と採用担当者に思われてしまいます。

どんなに魅力的な経歴をもっていても、書類の体裁が整っていなければ読んでもらえません。

こういった書類の不備は自分で気づきにくいので、アドバイザーの第三者目線から書類の添削を受けてください。

書類の体裁だけでなく、企業研究のコツについても教えてもらえるので、書類選考の通過率を上げるならアドバイザーを活用しましょう。

本気で選考を受けに来た人の書類はすぐにわかります。書類の手抜きは思いのほかバレますよ。

【ステップ5】企業へエントリー

応募書類が完成したら、アドバイザーを通じて応募先企業へエントリーします。

企業の採用担当者とのやり取りはアドバイザーを経由するため、あなたは企業と連絡を取る必要はありません

書類選考の結果は最短で翌日、平均では一週間程度でわかり、アドバイザー経由で告知されます。

無事書類選考に通過した際は面接の日程について希望を聞かれるので、あなたの都合に合わせてアドバイザーに伝えましょう。

アドバイザーの推薦状で書類選考通過率アップ

転職エージェントを通じて企業にエントリーすると、アドバイザーが企業にあなたをPRする推薦状を提出してくれます。

推薦状の内容は以下のとおりです。

  • アドバイザーが面談で感じたあなたの性格や人柄
  • 応募企業へ転職を希望する理由
  • 希望する年収や待遇

推薦状があるから確実に書類選考に通るわけではありませんが、「絶対に会っていただきたい」と念押しされた方は、高確率で書類選考に通過します。

本気で入社を狙っている企業であれば、アドバイザーに強く推薦してほしいと伝えるのも書類通過率をアップする一つの手段です。

【ステップ6】面接対策&面接本番

書類審査に通過したら、面接対策です。

転職エージェントでは面接対策のサポートおよび、模擬面接のサービスをおこなっています。

面接対策では、応募先企業の面接で質問される内容について、アドバイザーからレクチャーを受けましょう。

事前に聞かれる内容がわかっていれば落ち着いて受け答えをできるため、チグハグな回答をして焦ってしまうことはありません。

本番前に模擬面接を受けることで、本番での緊張を減らすことができ、客観的な視点で改善点を探すこともできます。

希望する企業からの内定を勝ち取るために、面接対策サポートと模擬面接サービスは必ず利用しましょう

面接時に自信のない受け答えをしている人は、採用担当者に対する印象はよくありません。しっかりと練習をして、自信を持って臨みましょう。

模擬面接の服装

模擬面接時の服装は、本番と同じスーツで臨みます。

店舗へ出向いての対面練習であっても、Web上でのオンライン面接練習であっても同じです。

本番を想定して練習をすることで、早い段階から面接に慣れることができます。

【ステップ7】内定獲得!

無事内定を獲得したら、承諾するかどうかをアドバイザーに伝えます。

このタイミングで入社条件を確認し、給与面や待遇面で改善したい項目があれば、アドバイザーに交渉を依頼してください。

交渉のプロであるアドバイザーが味方なので、企業への印象を傷つけずにお互いが納得のいく結果を得られます。

ただし年収交渉の前には、なぜその年収を希望するのかといった根拠を準備しておくことを忘れずに。

ポイント

条件が希望にそぐわない場合は、内定辞退もできます。辞退後は継続してサポートを受けながら新しい求人を探せます。

【ステップ8】退職

転職先が決まったら、現職の退職手続きに入りましょう。

引き止めを受けて心が揺らぐかもしれませんが、ハッキリと退職日を伝えましょう。

退職日が確定したらアドバイザーに連絡し、次の会社へ出社するスケジュールを決めていきます。

次の会社の初出社日を迎えたら、転職エージェントの仕事は終わりです。

ポイント

税金に関することや、退職にかかわる手続きでわからないことがあれば、アドバイザーに相談しましょう。

転職エージェントを利用した際の内定までの期間は3ヶ月~半年未満が一般的

実際に転職エージェントを利用して転職した人の、登録から内定までの期間は3ヶ月から半年未満が多数でした。

転職エージェントタイズの転職活動期間調査によると、92%の人が半年以内に転職活動を終了しているというデータが発表されています。

そのため、転職エージェントに登録してから内定までの期間は短くて3ヶ月、長くて半年を目安に計画をたてるとよいでしょう。

もくじ