「制御設計がつらい…きつい」と感じているあなたへの解決方法

制御設計きついつらい悩み事

設計職は、残業が多く精神的にも追い込まれやすい仕事です。

納期に追われ、経験を積むごとに増える責任、なのに上がらない給料では、精神的にも生活的にも余裕がなくなってしまいますよね。

この記事では、制御設計職における「きついこと」「つらいこと」に対する解決方法をまとめました。

制御設計エンジニアの抱えるストレスの解決方法を、制御設計歴10年の私の経験からお伝えします。

会社との交渉でミスしないやり方や、やってはいけないこと、転職など、あなたの悩みに対する解決法について知ることができます

適切な解決方法を知っておくだけでも気持ちが楽になりますよ。

目次

制御設計が嫌になる原因と解決方法

制御設計をやっていて嫌になることは次の6つに集約されます。

  • 仕様に振り回される
  • 作業環境がきつい・汚い・危険
  • 残業が多い・休みが少ない
  • 忙しく責任が重い割に給料が安い
  • 仕事にやりがいがない
  • 上司・先輩からハラスメントをうけている

よくあるストレスを感じる原因に対して、適切な解決方法を解説していきます。

ストレスの原因1:仕様に振り回される

いつまでたっても仕様が決まらない。納期直前で変わる。

よくあることですが、設計者にとって大きなストレスの原因です。

特に、納期は変わらないのに仕様変更を依頼されたときのストレスは計り知れないものがあります。

【解決方法】まずは上司を通して、関係部署に対応できないことをハッキリと伝える。

仕様変更によって納期がキツイなら、しかるべき相手に対して納期延長を申し入れる必要があります

まずは上司に相談のうえ、上司を通して関係部署にあなたの現状を伝えてください。

上司への正しい相談手順
  1. 躊躇なくSOSであることを言葉と態度で示す
  2. 納期を延長しないと間に合わない理由を嘘偽りなく話す
  3. 関係部署に現状を伝えてほしいことをしっかりと上司に伝える

いずれの手順も嘘偽りなく率直に伝えることを心がけてください。

ここで嘘をついたり遠慮したりすると、思った通りの結果にならず、結局何も変わらないことになりかねません。

話すのが苦手な方は、事前に相談手順に書いた内容を書面化しておくことをオススメします。

体裁は無視してもよく、メモ書きレベルで大丈夫です。感情のままに書き出しましょう。

書面をもとに上司と話し合いをすれば、言い出しにくいこともラクに伝えることができますよ

管理人が上司に申し入れをする際は、必ず書面を作成した上で臨みます

ストレスの原因2:作業環境がきつい・汚い・危険

取引先の工場内は環境が悪いことが多いですよね。

  • 暑い、工場内が暑すぎて熱中症になりかける
  • 寒い、寒すぎて手が動かない
  • 汚い、とにかく汚い、手や作業着がヘドロで真っ黒に
  • 臭い、クーラントと切削油の臭いが服や体に染み付く
  • 危険、ルールを守らない業者が起こした事故に巻き込まれかける

外注業者として取引先の工場で仕事をする際は、環境が悪くきつい仕事ばかり。

20代ならまだしも、30代にもなると「体力的にこの仕事を続けるのは難しいかも」と思うことが多々あります。

【解決方法】設計と現場の担当が分かれている会社へ転職する。

制御設計者の作業範囲は、会社によって異なります。

たとえば小規模な会社だと、「設計」「機械配線」「現場調整」のように、現場を兼任する仕事が多くなりがちです。

対して部署間の役割がハッキリと分かれている大規模な会社であれば、現場と設計の担当者が違うため設計だけに専念できます

現場作業の少ない会社選びのコツは、設計部署と組立部署が分かれている会社を選ぶことです。

今後のキャリアを設計に専念したいなら、部署間の分担がはっきりしている企業への転職がオススメです。

>>転職エージェントを利用したシーケンス制御エンジニアの転職方法を解説

ストレスの原因3:残業が多い・休みが少ない

大型連休まえの繁忙期に忙しいのは仕方ないとして、常に忙しくて残業や休みが少ない状況はしんどいです。

年に数回も残業時間が月45時間を超えるか、年間100日以下しか休みを取れていない状況であれば働きすぎといえます。

キャパシティを超えた仕事量はあなたの心身を壊す引き金となるので、早急な対策が必要です。

【解決方法】まずは上司に相談。切り札として心療内科で診断書をもらう。

まずは上司に対して、仕事量が多くストレスで心身を病んでいることをハッキリと伝えてください。

それでも仕事量を減らしてもらえなければ、心療内科へ行き診断書をもらってください

医師に「仕事量が原因で心身に不調がある」と伝えれば、仕事を減らすよう指示する診断書をもらえます。

仕事がキャパオーバーしたときにもらった診断書

私は診断書を盾に業務量を減らすよう交渉した結果、希望を通すことができました。

会社側も診断書を持参してまで交渉を持ちかけられたら、折れざるを得ません。

それでも「聞き入れてもらえなかった」なら、その会社からは離れるべきですが、間違っても無断欠勤をしてはいけません。

『解雇』『懲戒処分』を受け、転職の際に不利となります。

ストレスの原因4:忙しく責任が重い割に給料が安い

こなした仕事量や与えられた責任に対して、「給料が安すぎる」と悩む方は多いと思います。

人手不足の制御設計業界では、一人あたりの仕事量が多くなりがちでです。仕事の量が増えると、負う責任も大きくなります。

働いてもはたらいても給料が上がらない中、納期に追われミスを責められる環境で働いていても自分が消耗するだけです。

【解決方法】年収交渉で満足できる回答がなければ、転職する。

基本的には年収交渉をから始めるべきです。

正しい交渉手順
  1. 落とし所を決めておく
  2. 希望年収をハッキリと伝える
  3. 数字でわかる具体的な成果を伝える
  4. 落とし所に到達したら深追いしない

必ず落とし所、つまり自分が納得できる最低ラインを決めてから交渉に臨んでください。

希望年収や待遇についてはボカさずに、ハッキリと端的に伝えること。交渉材料は数字でわかる具体的な成果を使ってください。

がんばっているのだから、給料を上げてほしい」といった、努力量を材料とする交渉では失敗します

交渉において絶対にやってはいけないことは、脅しです。

給料を上げてくれないなら程々の仕事しかしません!

年収100万円アップしてくれないなら転職します!

このような脅しを交渉の材料に使うべきではありません。あなた自身の信用を下げるだけとなります。

交渉は穏便に済ませることが鉄則です。落とし所までいかなければ、黙って転職活動を始めればいいだけです。

年収アップを目的に転職を考える際の注意事項は以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

>>制御設計エンジニアが転職で年収アップするコツ

ストレスの原因5:仕事にやりがいがない

仕事にやりがいを感じられなくなってくると、毎日会社へ行くだけでも苦痛です。

お金と生活のために仕事を続けないといけないことがわかっていても、つらいものはつらいですよね。

ダラダラ続けていてもスキルが身につかないし出世も厳しいため、将来のキャリアにも不安が残ります。

【解決方法】部署替えか興味のある業界へ転職。

まずは部署替えを依頼してください。

転職よりも部署替えのほうが、低リスクで希望の仕事へ移れるからです。

ただし部署替え希望は通らないことのほうが多いため、上司が納得できる理由を考えないといけません

どうしてもあなたの希望が通らないときに、はじめて転職活動を始めれば良いです。

もし転職活動を始めるなら、製造系エンジニア専門の求人を多数揃えるメイテックネクストを利用しましょう。

より希望に近い仕事を簡単に見つけられますよ。

>>メイテックネクストの解説ページはこちら

ストレスの原因6:上司・先輩からハラスメントをうけている

もしかして、あなたはパワーハラスメントを受けていませんか

  • 蹴られたり殴られたり、身体に暴力を受けた
  • みんなの前でミスを大きな声で叱責された
  • 挨拶をしても無視される
  • キャパシティ以上の仕事を押し付けられる
  • 制御設計に関わらせてもらえず、雑用ばかり指示される
  • 有給を取らせてもらえない、しつこく理由を聞かれる

これらは全てパワーハラスメントです。

【解決方法】戦わずに会社から逃げるべき

本来であれば悪いのは上司や先輩であり、あなたが我慢を強いられる必要はありません

しかし会社に相談をしたところで、あなたに勝ち目がないのも事実です。

たとえ勝ったところで、引き換えとして居心地が悪くなり、あなたが退職せざるを得ない状況になります。

このようなパワハラが横行している会社からは、逃げることが最優先

企業倫理が崩壊している会社で働き続けていても、結局はあなたが消耗するだけです。

とにかく今の環境から逃げることを優先してください。経験上、戦って勝とうが負けようがロクな結果になりません。

交渉で解決できない場合は、自ら環境を変える覚悟をもつこと

いずれの問題にせよ、まずは今の会社と交渉をすることから始めてください。

いきなり転職を考えることはオススメしません。交渉がうまくいく可能性を捨てるのはもったいないです。

ただし行き当たりばったりの交渉では、希望の条件を引き出せません。

たとえば『診断書』を利用するのも理にかなった戦略です。1万円程度の出費はありますが、使えるものは使いましょう。

交渉の際は言いたいことの書面化を忘れずに、嘘偽りなく正直に伝えてください。

転職は最終手段なので最後までとっておく

会社側から希望する条件を引き出せなかったり、パワハラのような企業倫理が崩壊している場合は、転職を考えてください。

会社の考えを変えさせることに努力するよりも、自分自身の環境を変えるほうがよっぽど簡単だからです。

転職かぁ…今の自分が転職なんてできるのかな?

たしかに転職活動を始めるにも、やり方がわからずどうすればいいのか悩んでいる方も多くいます

今と同じ失敗をしないためにも、転職は慎重に行いたいですよね。

制御設計エンジニアの転職方法については、下記の記事で紹介しているので本当に困っている方のみご覧ください

>>転職エージェントを利用したシーケンス制御エンジニアの転職方法

このページをブックマークできます

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次