制御設計エンジニアが転職で年収アップするコツ

制御設計エンジニア年収アップのコツ(アイキャッチ)

今の会社は年収が低いので転職を考えています。
年収アップを成功させるコツを教えてください!

制御設計エンジニアが転職で年収アップするためには、2つのコツがあります。

  • 業績が伸びている会社を選ぶこと
  • 自分の市場価値より少し上の会社を選ぶこと

業績が伸びている会社ってどうやったらわかるの?
自分の市場価値って何?

このように思う方は多くいることでしょう。

たしかに会社研究や市場価値研究は、慣れていない人にとって難しい作業です。

しかしこれを面倒くさがると、高い確率で転職に失敗します。それだけ重要な作業です。

今回の記事では、年収アップ転職で大切な会社の選び方と転職市場価値の測り方の要点を解説します。

年収アップに強い転職エージェントを知りたい方は、コチラ▼
関連ページ年収上げたい制御設計エンジニアが登録するべき転職エージェント

目次

制御設計エンジニアの平均年収は…

制御設計平均年収

制御設計は年収が高い仕事です。

全体平均年収499万円
30代 平均年収575万円
40代以上 平均年収646万円
制御設計エンジニアの平均年収(参考:転職会議

日本人の平均年収が433万円、中央値が399万円なので高年収な部類に入ります。

30代の制御設計エンジニアでは平均575万円。40代以降であれば平均646万円と、世代別の平均年収をとっても高い傾向があります。

まずはこれらのデータを見て、自身の年収がどの位置にあるかチェックしてみてください。もし平均以下なら、高く売れるスキルを持っているのに、安売りバーゲンセールをしている状態です。

この記事では、平均年収以上を目指すための年収アップ方法を前提に解説していきます。

年収アップに重要な会社選びのコツ

制御設計エンジニアの年収アップに重要なことは、会社選びです。

年収アップしやすい企業の特徴
  • 法律を遵守している
  • 業績が右肩上がり
  • 取引相手の業界が伸びている
  • 設計を外注化していない

法律を遵守している

企業選びおいて一番大切なことは、法律を遵守している会社を選ぶこと。

もしかすると、今働いている会社でサービス残業・休日出勤を強要されていませんか?手当が支給される会社に転職するだけで、一気に100万円の年収アップも可能です。

法律を遵守している企業を見分けるコツとして、「離職率」が参考になります。離職率の全国平均は14.6%。これ以上の離職率がある会社は、給与関係にトラブルを抱えている可能性が高いでしょう。

なぜなら、離職理由のトップが「給与への不満」だからです。給与への不満が出る原因の多くは、サービス残業・休日出勤によるもの。

企業の内部事情は知り合いから聞ければ一番ですが、難しいと思います。どうしても内部事情を知りたい企業があれば、転職エージェントのアドバイザーに調査を依頼するのも一つの手です。

業績が右肩上がり

稼ぐ能力が低い企業で働いても、年収アップは見込めません。希望する企業の業績は必ずチェックしてください。

業績をチェックするには、上場企業なら「IRバンク」、非上場の中小企業なら「官報決算データベース」を利用します。確認する項目は「経常利益」です。

経常利益とは

企業が本業で稼いだ利益のこと。企業の実力がもっとも反映される指標です。

年を負うごとに経常利益が右肩上がりなら、稼ぐ能力が高い会社です。稼いでいる企業ほど懐に余裕があるので、年収交渉は柔軟に受け付けてくれるし、昇給やボーナスにも期待できます。

もし、希望する企業が決算情報を公にしていない場合は、転職エージェントのアドバイザーを通して業績を調べてもらうと良いでしょう。

取引先相手の業界が伸びている

会社の業績は今の実力を計るための指標ですが、将来性を考える際は取引先相手の業界を参考にすると良いでしょう。

たとえば、ガソリンエンジンに関わる機械メーカーは、衰退の一途をたどります。なぜなら、欧州連合 (EU)が取り決めたガソリン車の販売を禁止する法案が2040年に施工されるから。

2040年と言われるとまだ先に思えますが、この話題が出た時点で伸びない業界であることは確かです。

外部ページEU5カ国、ガソリン車の販売禁止5年延長要請 40年までに|トムソンロイター

今後縮小していく業界と取引している会社は選ばないほうが無難です。年収アップを目指すなら、これから伸びていく業界を相手にしている会社を選んでください。

主な取引先業界は、企業の取引先情報ページから閲覧できます。もし、希望先の企業が取引先を公開していない場合は、転職エージェントのアドバイザーに聞けば教えてくれますよ。

設計を外注化をしていない

設計を自社でおこなっている会社を選びましょう。設計を外注化している企業に将来性は無いからです。

以前勤めていた機械設備メーカーでは、コストダウンを目的に設計から製造まで外注化をすすめていました。

たしかに、一時的にはコストダウンにはつながりました。しかし、自社の製品なのに構造や制御を理解しているエンジニアがいない状況に陥ったのです。それからは毎年のように赤字続きとなり、今は経営が危うい状況になっています。

入社して数年で業績が悪くなり年収ダウン、設計スキルが錆びつき市場価値が下がった状態で転職活動。こんな状況には陥りたくはないですよね。

希望する企業の外注化状況はしっかりと把握しておきたいところ。こういった点も、転職エージェントのアドバイザーに調査してもらえますよ。

年収アップには自分の転職市場価値を知ることも大切

あなたの市場価値は?

年収アップの転職には、企業選びの他にも自分の転職市場価値を知ることも大切です。

自分の市場価値よりちょっと上か同じくらいの会社を狙うのがベスト。今の年収からプラス100万円までの会社が現実的なラインです。

多くの人がやりがちですが、市場価値を知らずに転職活動をしても失敗するリスクが高いだけ。

  • 労働環境が悪くなったり
  • 業務についていけなかったり
  • スキルと要求のミスマッチがおきたり

することで、転職を繰り返す羽目になります。

自分の転職市場価値を理解することで、年収アップを達成しつつもミスマッチの起きない転職ができるのです。

自分の転職市場価値を知る方法

自分の転職市場価値を知るといっても、どうすればいいのかわからない人が多いのではないでしょうか?

転職市場価値を知る方法には2つの方法があります。

  1. 転職エージェントとの面談
  2. 市場価値診断サービスを利用する

転職エージェント

転職市場価値を正確に知りたい人に利用してほしいサービスが、転職エージェントです。

制御設計を扱う企業に精通したアドバイザーが、あなたの実力を相場と照らし合わせて転職市場価値を算出してくれます。

面談が必要なので、少し手間がかかるのが難点。その分しっかりと時間をかけて丁寧に診断してくれるので、高精度の篆書s区市場価値を知れますよ。

制御設計エンジニアの転職市場価値診断に使える転職エージェントは次のとおり。

ちなみに転職エージェントに登録したからといって、必ず転職する必要はないので安心してください。

ここで紹介した転職エージェントは、関連ページで詳しく解説しています。各サービスの特徴を知りたい人は、確認してみてくださいね。

関連ページ制御設計エンジニアの転職市場価値診断におすすめの転職エージェント

オススメは『メイテックネクスト』

制御設計エンジニアが自分の市場価値を知るなら、メイテックネクストをオススメします。

メイテックネクストは、製造業のエンジニア求人に特化した転職エージェント。制御設計業界を理解しているアドバイザーがあなたの市場価値を診断してくれます。

≫メイテックネクストで市場価値を診断する

市場価値診断サービス

いきなり面談するのはちょっと気が引けるから、簡単に市場価値を知る方法ってないのかな?

たしかに、転職をするかどうか迷っている段階で面談をするのは気が引けますよね。

そんなあなたには、Web上またはアプリ上でサクッと市場価値を図れるツールがオススメ。

関連ページ先で市場価値調査ツールの詳細を紹介しているので、サクッと市場価値を知りたい人は利用してみてください。

関連ページ【面談不要】スマホひとつであなたの転職市場価値を調べる方法

オススメは『ミイダス』

どの市場価値診断ツールを使えばいいのか迷った方には、ミイダスをオススメします。

会員登録が不要なのに、具体的な年収額やキャリアにマッチした求人数を知れるため。

追加で会員登録をすれば、企業からのオファーをもとに市場価値診断の精度を上げることもできますよ。

≫ミイダスを使って市場価値診断をする

年収アップのコツは、自分の市場価値より少し上の伸びる企業を選ぶこと

年収アップのコツは、「伸びる企業を選ぶこと」「自分の市場価値より少し上の企業を選ぶこと」です。

これからも安定して伸びていく企業を選ぶためには、正しい情報を多く集めてください。会社選びの際は、次の4つを必ずチェックすること。

  • 法律を遵守している
  • 業績が右肩上がり
  • 取引相手の業界が伸びている
  • ブルーオーシャンで戦っている

また、自身の転職市場価値を把握した上で、実力にあった企業を選ぶことが大切です。転職市場価値をはかる際は、転職エージェントか転職市場価値診断サービスを利用してください。

このページをブックマークできます

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次