【FANUC】チャック・テールストックバリア関係のパラメータ一覧

FANUC MODEL-F パラメータ一覧(チャックテールストックバリア関係)

FANUC 0i MODEL-Fにおける、チャック・テールストックバリア関係のパラメータ一覧です。

下記の表からパラメータシンボルを選ぶと、対象のパラメータ説明へジャンプします。

≫ 他のパラメータ一覧こちら

パラメータNo.詳細
1330チャック形状の選択
1331チャック爪の寸法L
1332チャック爪の寸法W
1333チャック爪の寸法L1
1334チャック爪の寸法W1
1335チャックの位置 CX(X軸)
1336チャックの位置 CZ(Z軸)
1341テールストックの長さL
1342テールストックの径D
1343テールストックの長さL1
1344テールストックの径D1
1345テールストックの長さL2
1346テールストックの径D2
1347テールストックの径D2
1348テールストックの位置TZ(Z軸)
バイト、ワード形式の入力パラメータ
目次

パラメータNo.1330

パラメータNo.詳細
1330チャック形状の選択
1330
  • 入力区分
    └ パラメータ入力
  • データ形式
    └ バイト系統形
  • データ範囲
    └ 0 ~ 1

チャック形状を選択する
 ├ 0:内径把握チャック
 └ 1:外形把握チャック

パラメータNo.1331

パラメータNo.詳細
1331チャック爪の寸法L
1331
  • 入力区分
    └ パラメータ入力
  • データ形式
    └ 実数系統形
  • データ形式
    └ mm、inch(入力単位)
  • データ最小単位
    └ 該当軸の設定単位に従う
  • データ範囲
    └ 0または正の最小設定単位の 9桁分(標準パラメータ設定表(B)参照)※IS-Bの場合0.0~+999999.999

チャックの爪の長さ(L)を設定します

注意

直径値か半径値の選択は、対応軸の指定に依存します

パラメータNo.1332

パラメータNo.詳細
1332チャック爪の寸法W
1332
  • 入力区分
    └ パラメータ入力
  • データ形式
    └ 実数系統形
  • データ形式
    └ mm、inch(入力単位)
  • データ最小単位
    └ 該当軸の設定単位に従う
  • データ範囲
    └ 0または正の最小設定単位の 9桁分(標準パラメータ設定表(B)参照)※IS-Bの場合0.0~+999999.999

チャックの爪の長さ(W)を設定します

注意

常に半径値で入力してください

パラメータNo.1333

パラメータNo.詳細
1333チャック爪の寸法L1
1333
  • 入力区分
    └ パラメータ入力
  • データ形式
    └ 実数系統形
  • データ形式
    └ mm、inch(入力単位)
  • データ最小単位
    └ 該当軸の設定単位に従う
  • データ範囲
    └ 0または正の最小設定単位の 9桁分(標準パラメータ設定表(B)参照)※IS-Bの場合0.0~+999999.999

チャックの爪の長さ(L1)を設定します

注意

直径値か半径値の選択は、対応軸の指定に依存します

パラメータNo.1334

パラメータNo.詳細
1334チャック爪の寸法W1
1334
  • 入力区分
    └ パラメータ入力
  • データ形式
    └ 実数系統形
  • データ形式
    └ mm、inch(入力単位)
  • データ最小単位
    └ 該当軸の設定単位に従う
  • データ範囲
    └ 0または正の最小設定単位の 9桁分(標準パラメータ設定表(B)参照)※IS-Bの場合0.0~+999999.999

チャックの爪の長さ(W1)を設定します

注意

常に半径値で入力してください

パラメータNo.1335

パラメータNo.詳細
1335チャックの位置 CX(X軸)
1335
  • 入力区分
    └ パラメータ入力
  • データ形式
    └ 実数系統形
  • データ形式
    └ mm、inch(入力単位)
  • データ最小単位
    └ 該当軸の設定単位に従う
  • データ範囲
    └ 0または正の最小設定単位の9桁分(標準パラメータ設定表(A)参照)※IS-Bの場合-999999.999~+999999.999

ワーク座標系におけるチャックの位置(X軸の座標値)を設定します

注意

直径値か半径値の選択は、対応軸の指定に依存します

パラメータNo.1336

パラメータNo.詳細
1336チャックの位置 CZ(Z軸)
1336
  • 入力区分
    └ パラメータ入力
  • データ形式
    └ 実数系統形
  • データ形式
    └ mm、inch(入力単位)
  • データ最小単位
    └ 該当軸の設定単位に従う
  • データ範囲
    └ 0または正の最小設定単位の9桁分(標準パラメータ設定表(A)参照)※IS-Bの場合-999999.999~+999999.999

ワーク座標系におけるチャックの位置(Z軸の座標値)を設定します

注意

  1. 直径値か半径値の選択は、対応軸の指定に依存します
  2. パラメータNo.1348(テールストックの位置TZ(Z軸))との大小関係によって、チャックおよびテールストックの方向が決まります
    チャックを使用しない場合でも必ず本パラメータを設定してください

パラメータNo.1341

パラメータNo.詳細
1341テールストックの長さL
1341
  • 入力区分
    └ パラメータ入力
  • データ形式
    └ 実数系統形
  • データ形式
    └ mm、inch(入力単位)
  • データ最小単位
    └ 該当軸の設定単位に従う
  • データ範囲
    └ 0または正の最小設定単位の9桁分(標準パラメータ設定表(B)参照)※IS-Bの場合0.0~+999999.999

テールストックの径(D)を設定します

注意

常に直径値で入力します

パラメータNo.1342

パラメータNo.詳細
1342テールストックの径D
1342
  • 入力区分
    └ パラメータ入力
  • データ形式
    └ 実数系統形
  • データ形式
    └ mm、inch(入力単位)
  • データ最小単位
    └ 該当軸の設定単位に従う
  • データ範囲
    └ 0または正の最小設定単位の9桁分(標準パラメータ設定表(B)参照)※IS-Bの場合0.0~+999999.999

テールストックの径(D)を設定します

注意

常に直径値で入力してください

パラメータNo.1343

パラメータNo.詳細
1343テールストックの長さL1
1343
  • 入力区分
    └ パラメータ入力
  • データ形式
    └ 実数系統形
  • データ形式
    └ mm、inch(入力単位)
  • データ最小単位
    └ 該当軸の設定単位に従う
  • データ範囲
    └ 0または正の最小設定単位の9桁分(標準パラメータ設定表(B)参照)※IS-Bの場合0.0~+999999.999

テールストックの長さ(L1)を設定します

注意

直径値か半径値の選択は、対応軸の指定に依存します

パラメータNo.1344

パラメータNo.詳細
1344テールストックの径D1
1344
  • 入力区分
    └ パラメータ入力
  • データ形式
    └ 実数系統形
  • データ形式
    └ mm、inch(入力単位)
  • データ最小単位
    └ 該当軸の設定単位に従う
  • データ範囲
    └ 0または正の最小設定単位の9桁分(標準パラメータ設定表(B)参照)※IS-Bの場合0.0~+999999.999

テールストックの径(D1)を設定します

注意

常に直径値で入力してください

パラメータNo.1345

パラメータNo.詳細
1345テールストックの長さL2
1345
  • 入力区分
    └ パラメータ入力
  • データ形式
    └ 実数系統形
  • データ形式
    └ mm、inch(入力単位)
  • データ最小単位
    └ 該当軸の設定単位に従う
  • データ範囲
    └ 0または正の最小設定単位の9桁分(標準パラメータ設定表(B)参照)※IS-Bの場合0.0~+999999.999

テールストックの長さ(L2)を設定します

注意

直径値か半径値の選択は、対応軸の指定に依存します

パラメータNo.1346

パラメータNo.詳細
1346テールストックの径D2
1346
  • 入力区分
    └ パラメータ入力
  • データ形式
    └ 実数系統形
  • データ形式
    └ mm、inch(入力単位)
  • データ最小単位
    └ 該当軸の設定単位に従う
  • データ範囲
    └ 0または正の最小設定単位の9桁分(標準パラメータ設定表(B)参照)※IS-Bの場合0.0~+999999.999

テールストックの径(D2)を設定します

注意

常に直径値で入力してください

パラメータNo.1347

パラメータNo.詳細
1347テールストックの径D2
1347
  • 入力区分
    └ パラメータ入力
  • データ形式
    └ 実数系統形
  • データ形式
    └ mm、inch(入力単位)
  • データ最小単位
    └ 該当軸の設定単位に従う
  • データ範囲
    └ 0または正の最小設定単位の9桁分(標準パラメータ設定表(B)参照)※IS-Bの場合0.0~+999999.999

テールストックの径(D3)を設定します

注意

常に直径値で入力してください

パラメータNo.1348

パラメータNo.詳細
1348テールストックの位置TZ(Z軸)
1348
  • 入力区分
    └ パラメータ入力
  • データ形式
    └ 実数系統形
  • データ形式
    └ mm、inch(入力単位)
  • データ最小単位
    └ 該当軸の設定単位に従う
  • データ範囲
    └ 0または正の最小設定単位の9桁分(標準パラメータ設定表(A)参照)※IS-Bの場合-999999.999~+999999.999

ワーク座標系におけるテールストックの位置(Z軸の座標値)を設定します

注意

  1. 直径値か半径値の選択は、対応軸の指定に依存します
  2. 本パラメータとパラメータ No.1336(チャックの位置 CZ (Z軸))の大小関係によって、チャックおよびテールストックの方向が決まります
    テールストックを使用しない場合でも必ず本パラメータを設定してください
FANUC MODEL-F パラメータ一覧(チャックテールストックバリア関係)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる