【FANUC】その他アラームコード一覧 【DSアラーム一覧】

本稿ではCNCのアラームの中でどの項目にも属さないDSアラームを扱います。

そのほかのアラームについて知りたい際は、アラーム内容のまとめページをご覧ください。

目次

DSアラーム一覧 DS0001~DS0099

DS0001~DS0009

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS0001同期誤差過大(位置偏差)送り軸同期制御で、マスタ軸とスレーブ軸の位置偏差量の差が、パラメータ(No.8323)の設定値を越えました。
このアラームは、マスタ、スレーブ軸に発生します。
DS0002同期誤差過大アラーム1送り軸同期制御で、マスタ軸とスレーブ軸の同期誤差量がパラメータ(No.8331)の設定値を越えました。
このアラームは、スレーブ軸のみに発生します。
DS0003送り軸同期制御修正モード送り軸同期制御機能で、修正モード中です。
DS0004最大速度を越えました誤動作防止機能が、最大速度を越えた指令を検出しました。
DS0005最大加速度を越えました誤動作防止機能が、最大加速度を越えた指令を検出しました。
DS0006実行順序の不正を検出誤動作防止機能が、実行順序の不正を検出しました。
DS0007実行順序の不正を検出誤動作防止機能が、実行順序の不正を検出しました。
DS0008実行順序の不正を検出誤動作防止機能が、実行順序の不正を検出しました。
DS0009実行順序の不正を検出誤動作防止機能が、実行順序の不正を検出しました。

DS0010~DS0019

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS0010参照領域の不正を検出誤動作防止機能が、参照領域の不正を検出しました。
DS0011参照領域の不正を検出誤動作防止機能が、参照領域の不正を検出しました。
DS0012参照領域の不正を検出誤動作防止機能が、参照領域の不正を検出しました。
DS0013参照領域の不正を検出誤動作防止機能が、参照領域の不正を検出しました。
DS0014工具交換マシンロック検出工具交換中のZ軸に対してマシンロックがオンになっています。
DS0015工具交換ミラーイメージ検出工具交換中のZ軸に対してミラーイメージがオンになっています。
DS0016原点付スケール:フォローアップエラー①パラメータ(No.1883,No.1884)の指定が範囲外です。
②原点確立時の現在位置-レファレンス点間の距離(検出単位)が±2147483647を越えました。
このような状態にならないように現在位置またはレファレンス点を修正して下さい。
DS0017原点付スケール:原点確立失敗原点確立の際のFL速度での移動量が、パラメータ(No.14010)の設定値を越えました。
DS0018原点付スケール:送り軸同期誤設定送り軸同期制御のマスタ/スレーブ軸のうち、片方が原点付きリニアスケールで、もう片方が原点付きリニアスケールではありません。
このような構成の場合、送り軸同期制御の選択信号(SYNC<Gn138>または SYNCJ<Gn140>)を”0″にしないと、原点確立はできません。
DS0019原点付スケール:傾斜軸制御誤設定傾斜軸制御において、傾斜軸/直交軸のうち、片方が原点付きリニアスケールで、もう片方が原点付きリニアスケールではありません。
このような構成でご使用いただくことはできません。

DS0020~DS0029

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS0020レファレンス点復帰ができません傾斜軸制御中の手動レファレンス点復帰および電源投入後一度もレファレンス点復帰が行われていない状態での自動レファレンス点復帰において、
傾斜軸のレファレンス点復帰が完了していない状態で、直交軸のレファレンス点復帰が行われようとしました。
傾斜軸のレファレンス点復帰を完了させた状態で、直交軸のレファレンス点復帰を行って下さい。
DS0022デュアルチェックセイフティ機能動作無効パラメータDCE(No.1902#6)によって、デュアル・チェック・セイフティ機能が無効と設定されています。
DS0023勾配補正量の設定が正しくありません勾配補正のパラメータ設定が正しくありません。
一補正点当りの補正量が大きすぎるか小さすぎます。
DS0024PSソフトサーマルプログラム再開位置へ移動中に割込み形カスタムマクロの呼出しが行なわれました。
DS0025一方向位置決めを実行できません一方向位置決めのブロックを先読みした時と、そのブロックの実行を開始した時のミラーイメージの状態が異なるため、一方向位置決めを実行できません。
プログラムを修正して下さい。
DS0026傾斜軸制御誤設定 (参照マーク付きスケール)傾斜軸制御において、傾斜軸/直交軸のうち、片方が参照マーク付きリニアスケールで、もう片方が参照マーク付きリニアスケールではありません。
このような構成でご使用いただくことはできません。
DS0027参照マーク付きスケール:送り軸同期制御誤設定送り軸同期制御のマスタ/スレーブ軸のうち、片方が参照マーク付きリニアスケールで、もう片方が参照マーク付きリニアスケールではありません。
このような構成の場合、送り軸同期制御の選択信号(SYNC<Gn138>またはSYNCJ<Gn140>)を”1″にしないと、原点確立はできません。

DS0030~DS0039

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS0039ブレーキテスト異常ブレーキテストは正常終了しませんでした。
アラーム発生原因については、診断No.3701に番号が表示されますので参照下さい。

DS0040~DS0049

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS0040n軸ブレーキテスト異常ブレーキテスト中にn軸に異常がみられ、正常終了しませんでした。
アラーム発生原因については、診断No.3701に番号が表示されますので参照下さい。

DS0050~DS0059

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS0050同時制御軸数を越えました同時制御可能な軸数よりも多い軸移動が行われました。
同時制御軸を超えるプログラム指令をしていないか確認してください。
DS0059プログラム番号が見つかりません[外部データ入出力]
プログラム番号、シーケンス番号サーチで、指定された番号がありません。
工具データのポット番号・オフセット量入出力要求があったが、電源投入後一度も工具番号入力が行われていません。
入力された工具番号に対応する工具データがありません。
[外部ワーク番号サーチ]
指定したワーク番号に対応するプログラムが見つかりません。

DS0060~DS0069

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS0069移動指令が見つからない。同期スタートMコードの次のブロックに移動がありません。

DS0070~DS0079

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS0071開始/解除できません1)系統間フレキシブル同期モードを開始解除する時は、軸を停止する必要があります。
2)重畳先行を開始/解除する場合は、軸が停止している必要があります。
DS0072手動レファレンス点復帰できません重畳先行状態では手動レファレンス点復帰はできません。

DS0080~DS0089

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS0080任意軸切換え指令不正(1)プログラムがバッファリングされています。
(2)任意軸切換え実行中に信号DASNの値が変化
(3)リセットが実行されました。
(4)非常停止状態です。
(5)直接指令モードで軸交換指令が行われました。
(6)基準軸の設定単位は変更できません。
(7)対象の軸が移動中です。
DS0081アクセプタンステストモード選択中ですデュアル・チェック・セイフティにおいて、
アクセプタンステストテストモード(No.13805#2=’1’)が選択されています。
DS0083ねじ切り信号不正信号状態が正しくありません。以下のような原因が考えられます。
・Cs輪郭制御高速切換え完了信号CSMCxが”1”とならずにレファレンス点確立開始信号を”1”にしています。
・レファレンス点確立完了信号が”1”とならずに任意速度ねじ切り開始のMコードに対するFINを返しています。
・Cs輪郭制御高速切換え完了信号CSMCxが”0”とならずに任意速度ねじ切りキャンセルのMコードに対するFINを返しています。
・ポジションコーダ帰還パルスが有効な主軸とMコードで指令した主軸が異なっています。
・任意速度ねじ切りモードと信号状態(Cs輪郭制御高速切換え完了信号 CSMCx、レファレンス点確立完了信号CSYFNx)が一致していません。

DSアラーム一覧 DS0100~DS0199

DS0130~DS0139

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS0131外部アラームメッセージでアラーム数が過大外部オペレータメッセ-ジまたは、外部アラームメッセージを表示する時、同時に5個以上の表示が要求されました。
DS0132外部アラームメッセージでアラーム番号不在外部オペレータメッセ-ジまたは、外部アラームメッセージをキャンセルする時、指定したメッセージ番号がないのでキャンセルできません。
DS0133外部アラームメッセージでデータに誤り外部オペレータメッセージまたは、外部アラームメッセージの番号として0~4095以外の数値が指定されました。

DSアラーム一覧 DS0300~DS0399

DS0300~DS0309

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS0300APCアラーム:レファレンス点復帰をして下さい絶対位置検出器の原点設定(レファレンス点と絶対位置検出器のカウンタ値の対応付け)が必要です。
レファレンス点復帰を行って下さい。
本アラームは、他のアラームと同時に発生する場合があります。
この場合、他のアラームから対処を行って下さい。
DS0306APCアラーム:バッテリ電圧0絶対位置検出器のバッテリ電圧がデータを保持できないレベルまで低下しました。
またはパルスコーダに初めて電源が供給されました。
バッテリまたはケーブルの不具合が考えられます。
バッテリの交換は、機械の電源が投入された状態で行って下さい。
DS0307APCアラーム:バッテリ電圧低下1絶対位置検出器のバッテリ電圧が、交換レベルに低下しています。
機械の電源が投入された状態でバッテリを交換して下さい。
DS0309APCアラーム:レファレンス点復帰不可原点確立が不可能な状態で、MDI操作による絶対位置検出器の原点設定を行おうとしました。
モータを手動運転で1回転以上回転させ、CNCとサーボアンプの電源を一旦オフオンしてから絶対位置検出器の原点設定を行って下さい。

DS0310~DS0319

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS0310復帰位置未到達復帰時に退避時記憶した復帰位置に到達していません。
復帰時にマシンロックやミラーイメージにより位置がずれた可能性があります。

DSアラーム一覧 DS0400~DS0499

DS0400~DS0409

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS0405レファレンス点復帰異常アラーム自動レファレンス点復帰で指令された軸が位置決め完了時に正しいレファレンス点に復帰していません。
レファレンス点復帰開始位置とレファレンス点の距離がモータ2回転分以上離れた所から復帰を行って下さい。
その他、減速ドグを踏んでからの位置偏差量が128以上になっていない、パルスコーダの電圧不足や不良などが考えられます。

DSアラーム一覧 DS0600~DS0699

DS0600~SV0609

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS0608SV内部冷却ファン停止内部かくはん用ファンの故障です。
DS0609SV放熱器冷却ファン停止放熱器冷却用ファンの故障です。

DS0610~DS0619

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS0610PS内部冷却ファン停止内部かくはん用ファンの故障です。
DS0611PS放熱器冷却ファン停止外部放熱器冷却用ファンの故障です。
DS0612PS主回路過負荷オーバヒートです。
DS0613PS入力電源異常入力電源に異常があります。

DS0650~DS0659

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS0651加速度センサ異常別置検出器ユニットと加速度センサとの通信が途絶えました。

DSアラーム一覧 DS1100~DS1199

DS1120~DS1129

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS1120外部データエラー(アドレス上位)外部データ入出力インタフェースのアドレス信号の上位4ビット(EIA4~EIA7)に定義されていないアドレス(大区分)が指定されました。
DS1121外部データエラー(アドレス下位)外部データ入出力インタフェースのアドレス信号の下位4ビット(EIA0~EIA3)に、定義されていないアドレス(小区分)が指定されました。
DS1124外部データエラー(出力要求)外部データ出力中に再び出力要求がされました。
または、出力データのないアドレスに対して、出力要求がされました。
DS1128外部データエラー(アドレス下位)外部データ入力用データ信号ED0~ED31で入力された数値が、許容範囲を越えています。

DS1130~DS1139

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS1130サーチ要求受付不可プログラム番号、シーケンス番号サーチ要求が、受け付られない状態です。
メモリモードではない、または、リセット状態ではない。
DS1131外部データエラー(その他)[外部データ入出力]
工具番号による工具オフセットの工具データを、G10により登録している最中に入力しようとしました。

DS1150~DS1159

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS1150外部データエラー(その他)[外部データ入出力]
工具番号による工具オフセットの工具データを、G10により登録している最中に入力しようとしました。

DS1180~DS1189

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS1184トルクコントロールでパラメータ不正トルクコントロールにおいてパラメータ設定に誤りがあります。
トルク定数のパラメータが0です。
DS1185最大送り速度オーバーG54.3モード中に最大切削送り、または、早送り速度を越えました。

DSアラーム一覧 DS1400~DS1499

DS1440~SV1449

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS1448パラメータ不正(参照マークスケール)参照マーク付きリニアスケールのパラメータが以下のいずれかの条件にあてはまります。
・絶対位置検出器を使用
・パラメータ(No.1821)(マーク1の間隔)、パラメータ(No.1882)(マーク2の間隔)のどちらか一方にでも0が設定されている。
・パラメータ(No.1821)の設定値がパラメータ(No.1882)の設定値と等しいかまたは大きいとき
・パラメータ(No.1821,No.1882)の設定値に2倍以上の差があるとき
・パラメータ(No.1883,No.1884)の設定値が制限値を超えるとき
DS1149参照マークの間隔が一致していません参照マーク付きリニアスケールにおいて、実際の参照マークの間隔と、パラメータ(No.1821,No.1882)に設定された参照マークの間隔が一致していません。

DS1450~DS1459

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS1450レファレンス点復帰をして下さいレファレンス点復帰機能が有効(パラメータZRN(No.1005#0)=0)で、電源投入後に一度も手動レファレンス点復帰を行っていない場合、第1レファレンス点復帰(CDxX7~CDxX0:17h)指令を行いました。
DS1451PMC軸制御指令の誤りですPMC軸制御を行うことができない状態です。

DSアラーム一覧 DS1500~DS1599

DS1510~DS1519

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS1512速度過大極座標補間モード中、極座標補間の直線軸の速度が最大切削送り速度を越えて移動しようとしました。
DS1514移動不正(G12.1モード中)極座標補間モード中の仮想軸方向補正において、移動できない領域に移動しようとしています。

DSアラーム一覧 DS1700~DS1799

DS1710~DS1719

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS1710加速度パラメータ誤り(最適トルク加減速)最適トルク加減速の許容加速度パラメータに誤りがあります。以下のいずれかの原因です。
①加速加速度に対する減速加速度の比率が制限値以下です。
②速度0まで減速する時間が最大を越えています。
DS1711加速度パラメータの誤り(リジッドタップ最適加減速)リジッドタップ最適加減速の許容加速度パラメータに誤りがあります。以下のいずれかの原因です。
①加速度に対する減速度の比率が1/3未満です。
②速度0まで減速する時間が最大を越えています。
③最大加速度(パラメータ(No.11421~No.11424))が0です。

DSアラーム一覧 DS1900~DS1999

DS1930~DS1939

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS1933レファレンス点復帰をして下さい(同期・混合・重畳)同期・混合・重畳制御中の軸の機械座標と絶対・相対座標の関係がずれました。
手動レファレンス点復帰を行って下さい。

DSアラーム一覧 DS2000~DS2099

DS2000~DS2009

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS2003サーボモータ主軸では使用できませんサーボモータによる主軸制御の主軸専用サーボ軸が以下の機能で使用されました。
・PMC軸制御
・高精度オシレーション

DS2090~DS2099

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS2091中断点に復帰できませんマシンロックのため、加工中断点の機械位置に復帰できませんでした。
DS2096周辺軸制御使用系統でアラーム周辺軸制御を使用する系統でアラームが発生しました。
DS2097周辺軸制御でアラーム周辺軸制御でアラームが発生しました。

DSアラーム一覧 DS4200~DS4299

DS4200~DS4209

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS4251プログラム自動再開開始エラー(リセット)プログラム自動再開機能使用時に、リセット状態でありませんでした。
DS4252プログラム自動再開開始エラー(記憶)プログラム自動再開機能使用時に、加工中断点が記録されていませんでした。
原因として次のことが考えられます。
・再開データ保存機能無効でプログラムを一度も実行していない
・CNCソフト変更のためSRAMが変更された後に、プログラムを一度も実行していない

DSアラーム一覧 DS4600~DS4699

DS4600~DS4609

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS4603C軸同期エラーですC軸同期制御中、C1軸とC2軸の位置偏差量の差の値がパラメータ(No.16364,16365)の設定値を越えました。
DS4605C軸レファレンス点復帰してくださいC軸同期合わせが正常にできませんでした。

DS4610~DS4619

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS4610ラム軸位置不良ラム軸がプレス開始点に位置していません。

DSアラーム一覧 DS4700~DS4799

DS4750~DS4759

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS4750工具位置補正を実行できません工具位置補正のブロックを先読みしたときとそのブロックの実行を開始したときのミラーイメージの状態が異なるため、工具位置補正を実行することができません。
DS4752C軸位置補正を実行できませんC軸位置補正のブロックを先読みしたときとそのブロックの実行を開始したときのミラーイメージの状態が異なるため、C軸位置補正を実行することができません。

DSアラーム一覧 DS4800~DS4899

DS4800~DS4809

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS4800セーフティゾーン:パンチ禁止領域1セーフティゾーンチェックでパンチ禁止領域1でパンチ指令されました。
DS4801セーフティゾーン:パンチ禁止領域2セーフティゾーンチェックでパンチ禁止領域2でパンチ指令されました。
DS4802セーフティゾーン:パンチ禁止領域3セーフティゾーンチェックでパンチ禁止領域3でパンチ指令されました。
DS4803セーフティゾーン:パンチ禁止領域4セーフティゾーンチェックでパンチ禁止領域4でパンチ指令されました。
DS4804セーフティゾーン:パンチ禁止領域5セーフティゾーンチェックでパンチ禁止領域5でパンチ指令されました。
DS4805セーフティゾーン:パンチ禁止領域6セーフティゾーンチェックでパンチ禁止領域6でパンチ指令されました。
DS4806セーフティゾーン:パンチ禁止領域7セーフティゾーンチェックでパンチ禁止領域7でパンチ指令されました。
DS4807セーフティゾーン:パンチ禁止領域8セーフティゾーンチェックでパンチ禁止領域8でパンチ指令されました。

DS4810~DS4819

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS4810セーフティゾーン:侵入禁止領域1+X軸セーフティゾーンチェックでX軸が+方向へ移動中に侵入禁止領域1に入りました。
DS4811セーフティゾーン:侵入禁止領域1-X軸セーフティゾーンチェックでX軸が-方向へ移動中に侵入禁止領域1に入りました。
DS4812セーフティゾーン:侵入禁止領域2+X軸セーフティゾーンチェックでX軸が+方向へ移動中に侵入禁止領域2に入りました。
DS4813セーフティゾーン:侵入禁止領域2-X軸セーフティゾーンチェックでX軸が-方向へ移動中に侵入禁止領域2に入りました。
DS4814セーフティゾーン:侵入禁止領域3+X軸セーフティゾーンチェックでX軸が+方向へ移動中に侵入禁止領域3に入りました。
DS4815セーフティゾーン:侵入禁止領域3-X軸セーフティゾーンチェックでX軸が-方向へ移動中に侵入禁止領域3に入りました。
DS4816セーフティゾーン:侵入禁止領域4+X軸セーフティゾーンチェックでX軸が+方向へ移動中に侵入禁止領域4に入りました。
DS4817セーフティゾーン:侵入禁止領域4-X軸セーフティゾーンチェックでX軸が-方向へ移動中に侵入禁止領域4に入りました。
DS4818セーフティゾーン:侵入禁止領域5+X軸セーフティゾーンチェックでX軸が+方向へ移動中に侵入禁止領域5に入りました。
DS4819セーフティゾーン:侵入禁止領域5-X軸セーフティゾーンチェックでX軸が-方向へ移動中に侵入禁止領域5に入りました。

DS4820~DS4829

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS4820セーフティゾーン:侵入禁止領域6+X軸セーフティゾーンチェックでX軸が+方向へ移動中に侵入禁止領域6に入りました。
DS4821セーフティゾーン:侵入禁止領域6-X軸セーフティゾーンチェックでX軸が-方向へ移動中に侵入禁止領域6に入りました。
DS4822セーフティゾーン:侵入禁止領域7+X軸セーフティゾーンチェックでX軸が+方向へ移動中に侵入禁止領域7に入りました。
DS4823セーフティゾーン:侵入禁止領域7-X軸セーフティゾーンチェックでX軸が-方向へ移動中に侵入禁止領域7に入りました。
DS4824セーフティゾーン:侵入禁止領域8+X軸セーフティゾーンチェックでX軸が+方向へ移動中に侵入禁止領域8に入りました。
DS4825セーフティゾーン:侵入禁止領域8-X軸セーフティゾーンチェックでX軸が-方向へ移動中に侵入禁止領域8に入りました。

DS4830~DS4839

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS4830セーフティゾーン:侵入禁止領域1+Y軸セーフティゾーンチェックでY軸が+方向へ移動中に侵入禁止領域1に入りました。
DS4831セーフティゾーン:侵入禁止領域1-Y軸セーフティゾーンチェックでY軸が-方向へ移動中に侵入禁止領域1に入りました。
DS4832セーフティゾーン:侵入禁止領域2+Y軸セーフティゾーンチェックでY軸が+方向へ移動中に侵入禁止領域2に入りました。
DS4833セーフティゾーン:侵入禁止領域2-Y軸セーフティゾーンチェックでY軸が-方向へ移動中に侵入禁止領域2に入りました。
DS4834セーフティゾーン:侵入禁止領域3+Y軸セーフティゾーンチェックでY軸が+方向へ移動中に侵入禁止領域3に入りました。
DS4835セーフティゾーン:侵入禁止領域3-Y軸セーフティゾーンチェックでY軸が-方向へ移動中に侵入禁止領域3に入りました。
DS4836セーフティゾーン:侵入禁止領域4+Y軸セーフティゾーンチェックでY軸が+方向へ移動中に侵入禁止領域4に入りました。
DS4837セーフティゾーン:侵入禁止領域3-Y軸セーフティゾーンチェックでY軸が-方向へ移動中に侵入禁止領域4に入りました。
DS4838セーフティゾーン:侵入禁止領域3-Y軸セーフティゾーンチェックでY軸が+方向へ移動中に侵入禁止領域5に入りました。
DS4839セーフティゾーン:侵入禁止領域3-Y軸セーフティゾーンチェックでY軸が-方向へ移動中に侵入禁止領域5に入りました。

DS4840~DS4849

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS4840セーフティゾーン:侵入禁止領域6+Y軸セーフティゾーンチェックでY軸が+方向へ移動中に侵入禁止領域6に入りました。
DS4841セーフティゾーン:侵入禁止領域6-Y軸セーフティゾーンチェックでY軸が-方向へ移動中に侵入禁止領域6に入りました。
DS4842セーフティゾーン:侵入禁止領域7+Y軸セーフティゾーンチェックでY軸が+方向へ移動中に侵入禁止領域7に入りました。
DS4843セーフティゾーン:侵入禁止領域7-Y軸セーフティゾーンチェックでY軸が-方向へ移動中に侵入禁止領域7に入りました。
DS4844セーフティゾーン:侵入禁止領域8+Y軸セーフティゾーンチェックでY軸が+方向へ移動中に侵入禁止領域8に入りました。
DS4845セーフティゾーン:侵入禁止領域8-Y軸セーフティゾーンチェックでY軸が-方向へ移動中に侵入禁止領域8に入りました。

DS4870~DS4879

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS4870自動設定速度が指定範囲外ですセーフティゾーン自動設定動作の移動速度がパラメータ設定範囲(No.16538,No.16539)外です。
DS4871自動設定個数の誤りですセーフティゾーン自動設定で自動設定されるゾーン数の設定に誤りがあります。
または、位置検出器が故障しています。機械メーカー殿にお問い合せください。

DSアラーム一覧 DS5250~DS5550

DS5250~DS5259

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS5258再開中フィードホールドが入力されましたプログラム自動再開処理がフィードホールド操作によって中断された時、このアラームが発生します。
DS5259中断点が見つかりませんでした加工中断点(再開点)が見つかりませんでした。(仮実行した座標値と記憶した加工中断点の座標値が異なります。)原因として次のことが考えられます。
・フィードホールド状態やシングルブロック停止時に手動介入をしました。

DS5340~DS5349

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS5340パラメータチェックサムエラーパラメータが変更されたためにパラメータのチェックサムが基準チェックサムと一致しませんでした。
パラメータを元に戻すか基準チェックサムの再設定を行ってください。

DS5380~DS5389

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS5387突き当て式レファレンス点設定不正マスタ軸とスレーブ軸の機械ストッパの差が、マスタ軸に設定されたパラメータ (No.7181)または(No.7182)の引き戻し距離より大きい場合など、スレーブ軸がインポジションの幅に入っていません。
機械ストッパの位置またはパラメータ(No.7181,No.7182)の設定値を調整して下さい。

DS5550~DS5559

スクロールできます
番号メッセージ内容
DS5550送り軸緊急停止送り軸緊急停止機能により緊急停止しました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる