【FANUC】電源遮断を要求するアラームコード一覧 【PWアラーム一覧】

本稿ではCNCのアラームの中で電源遮断を要求するPWアラームを扱います。

そのほかのアラームについて知りたい際はFANUCアラーム内まとめページから検索してください。

目次

PWアラーム一覧 PW0001~PW0099

PW0001~PW0009

スクロールできます
番号メッセージ内容
PW0000電源を切断してください電源を一旦切断しなければいけないパラメータが設定されました。
PW0001Xアドレス(減速ドグ*DEC) を定義できません。PMCのXアドレスが正しく割り付けられません。
原因として、以下のことが考えられます。
・パラメータ(No.3013)の設定で、Xアドレスのレファレンス点復帰減速ドグ(*DEC)が正しく割当てられませんでした。
PW0002軸信号のアドレスを定義できません。軸信号を割り付けるアドレスが正しくありません。
原因として以下のことが考えられます。
・パラメータ(No.3021)の設定が正しくありません。
PW0003主軸信号のアドレスを定義できません。主軸信号を割り付けるアドレスが正しくありません。
原因として以下のことが考えられます。
・パラメータ(No.3022)の設定が正しくありません。
PW0004ローダ系統の設定が正しくありません。ローダ系統が正しく割当てられません。
パラメータ(No.984)の設定が正しくありません。
・ローダ系統数とパラメータLCP(No.984#0)でローダ系統に指定した系統の数が一致しません。
・系統1のパラメータLCPが1に設定されています。
PW0006電源を切断してください( 誤動作防止機能)誤動作防止機能が、電源の切断が必要なアラームを検出しました。
PW0007Xアドレス(スキップ)を定義できません。PMCのXアドレスが正しく割り付けられません。
原因として、以下のことが考えられます。
・パラメータ(No.3012)の設定で、Xアドレスのスキップ信号が正しく割り当てられませんでした。
・パラメータ(No.3019)の設定で、Xアドレスのスキップ以外の信号が正しく割り当てられませんでした。
PW0008CPU自己診断異常(DCS PMC)DCS PMC側にて
•CPU自己診断機能でエラーを検出しました。
•RAMチェック機能でエラーを検出しました。
PW0009CPU自己診断異常(PMC)PMC側にて
•CPU自己診断機能でエラーを検出しました。
•RAMチェック機能でエラーを検出しました。

PW0010~PW0019

スクロールできます
番号メッセージ内容
PW0010安全関連I/Oクロスチェックエラー(DCS PMC)DCS PMC側にてI/Oクロスチェック機能でシステム定義安全関連 DI/DOのエラーを検出しました。
PW0011安全関連I/Oクロスチェックエラー(PMC)PMC側にてI/Oクロスチェック機能でシステム定義安全関連DI/DOのエラーを検出しました。
PW0012汎用安全I/Oクロスチェックエラー(DCS PMC)DCS PMC側にてI/Oクロスチェック機能でユーザ定義安全関連DI/DOのエラーを検出しました。
PW0013汎用安全I/Oクロスチェックエラー(PMC)PMC側にてI/Oクロスチェック機能でユーザ定義安全関連DI/DOのエラーを検出しました。
PW0014CPUテストアラーム(CNC)CNCのCPUテストで異常が発生しました。
PW0015安全パラメータ異常サーボ軸形,スピンドル軸形以外の安全パラメータに異常が発生していることをCNCが検出しました。
PW0016RAMチェック異常CNCのRAMチェックで異常が発生しているのを検出しました。
PW0017安全機能不実行CNCで安全機能が正常に実行されませんでした。
PW0018CRCチェック異常CNCのCRCチェックで異常が発生しました。

PW0020~PW0029

スクロールできます
番号メッセージ内容
PW0023レファレンス点復帰ができません傾斜軸制御中の手動レファレンス点復帰および電源投入後一度もレファレンス点復帰が行われていない状態での自動レファレンス点復帰において、
傾斜軸のレファレンス点復帰が完了していない状態で、直交軸のレファレンス点復帰が行われようとしました。
傾斜軸のレファレンス点復帰を完了させた状態で、直交軸のレファレンス点復帰を行って下さい。
PW0024デュアルチェックセイフティ機能動作無効パラメータDCE(No.1902#6)によって、デュアル・チェック・セイフティ機能が無効と設定されています。
PW0025勾配補正量の設定が正しくありません勾配補正のパラメータ設定が正しくありません。
一補正点当りの補正量が大きすぎるか小さすぎます。
PW0026PSソフトサーマルプログラム再開位置へ移動中に割込み形カスタムマクロの呼出しが行なわれました。
PW0027一方向位置決めを実行できません一方向位置決めのブロックを先読みした時と、そのブロックの実行を開始した時のミラーイメージの状態が異なるため、一方向位置決めを実行できません。
プログラムを修正して下さい。
PW0028傾斜軸制御誤設定 (参照マーク付きスケール)傾斜軸制御において、傾斜軸/直交軸のうち、片方が参照マーク付きリニアスケールで、もう片方が参照マーク付きリニアスケールではありません。
このような構成でご使用いただくことはできません。
PW0029参照マーク付きスケール:送り軸同期制御誤設定送り軸同期制御のマスタ/スレーブ軸のうち、片方が参照マーク付きリニアスケールで、もう片方が参照マーク付きリニアスケールではありません。
このような構成の場合、送り軸同期制御の選択信号(SYNC<Gn138>またはSYNCJ<Gn140>)を”1″にしないと、原点確立はできません。

PW0030~PW0039

スクロールできます
番号メッセージ内容
PW0030安全機能不実行(DCS PMC)PMC側の安全機能が正常に実行されていないことをDCS PMCが検出しました。
PW0031安全機能不実行(PMC)DCS PMC側の安全機能が正常に実行されていないことをPMCが検出しました。
PW0032CRCチェック異常 (DCS PMC)DCS PMCのCRCチェックで異常が発生しました。
PW0033CRCチェック異常 (PMC)PMCのCRCチェックで異常が発生しました。
PW0034安全パラメータ設定エラー(DCS PMC)DCS PMCで安全パラメータの設定値の誤りを検出しました。
PW0035安全パラメータ設定エラー(PMC)PMCで安全パラメータの設定値の誤りを検出しました。
PW0036サーボモータ主軸設定不正サーボモータによる主軸制御の主軸専用サーボ軸に関するパラメータ設定が不正です。
-主軸専用サーボ軸が4軸を越えています。
-主軸専用サーボ軸指定の軸数に満たないです。
-サーボモータによる主軸制御軸ではありません。
-回転軸設定ではありません。
-サーボ軸番号(パラメータNo.1023)が負の値です。
PW0037サーボ・スピンドル組み合わせ不正-サーボ軸がダミー軸の設定になっています。パラメータ(No.1023, DMYx(No.2009#0),KSVx(No.11802#4))を確認してください。
-サーボ軸に同期する主軸の主軸番号の設定が不正です。パラメータ (No.3716#0,No.3717,No.24204)の設定を確認してください。

PW0050~PW0059

スクロールできます
番号メッセージ内容
PW0050電源を切断してください(通信初期化)電源投入時に通信機能のハードウェアの初期設定を行いました。
機能を有効とするために電源を入れ直してください。
オプションボードを追加したり交換したりした場合やソフトウェアオプションの変更を行った際の電源投入時に発生する可能性があります。

PW0060~PW0069

スクロールできます
番号メッセージ内容
PW0060PS管理軸指定不正3アンプグループが重複しています。パラメータAPS(No.11549#0)に1を設定して自動設定を行って下さい。

PWアラーム一覧 PW1100~PW1199

PW1100~PW1109

スクロールできます
番号メッセージ内容
PW1102パラメータ誤設定(勾配補正)勾配補正のパラメータ設定が正しくありません。
以下のような原因が考えられます。
・勾配補正を行う軸のピッチ誤差補正点が最も-側と最も+側との間で 128点を越えています。
・勾配補正の補正点番号の大小関係が正しくありません。
・勾配補正の補正点がピッチ誤差補正点の最も-側と最も+側との間にありません。
・一補正点当りの補正量が大きすぎるか小さすぎます。
PW1103パラメータ誤設定(真直度補正128点)真直度補正128点のパラメータ設定あるいは、補正データの設定が正しくありません。

PWアラーム一覧 PW4500~PW4599

PW4540~PW4549

スクロールできます
番号メッセージ内容
PW4549工具データの登録誤りです工具データ登録パターンが使用領域32KBを越えました。

PWアラーム一覧 PW5000~PW5099

PW5040~PW5049

スクロールできます
番号メッセージ内容
PW5046真直度補正のパラメータの誤り真直度補正関係のパラメータの設定に誤りがあります。
以下のような原因が考えられます。
・移動軸または補正軸のパラメータに実在しない軸番号が設定されています。
・ピッチ誤差補正点が最も-側と最も+側との間で128点を越えています。
・真直度補正の補正点番号の大小関係が正しくありません。
・真直度補正の補正点がピッチ誤差補正点の最も-側と最も+側との間にありません。
・一補正点当りの補正量が大きすぎるか小さすぎます。

PWアラーム一覧 PW5300~PW5399

PW5390~PW5399

スクロールできます
番号メッセージ内容
PW5390PMCのRアドレスの設定が不正です。パラメータ(No.3773またはNo.13541、No.13542)で設定されたPMCのRアドレスの設定範囲または先頭アドレスが不正です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる