【FANUC】NCプログラム用Gコード一覧表【NCコード G機能】

FANUCのNCプログラム上で使用できるGコードについて紹介します。

目次

準備機能(G機能)とは

概要

準備機能の命令はアドレスGに続く数値によって表現され、ブロックに含まれる命令の意味を規定します。
Gコードごとに設定された機能を呼び出して加工方法へ反映させることができます。

Gコードの種類

Gコードには次の2種類があります。

項目タイプ0、タイプ1
ワンショット指令されたブロックにだけ有効な G コード
モーダル同一グループの他の G コードが指令されるまで有効な G コード

モーダルなGコードの例

G01,G00 はモーダルなGコードです。

モーダルなGコードを使用したサンプルプログラムは次のとおりです。

G01 X100.00 ;
        Z50.00 ;
        X20.00;
G00 Z0;
        X30.00 ;
G01 X _ ;


オレンジマーカー部・・・G01で実行される範囲
青色マーカー部  ・・・G00で実行される範囲

Gコード一覧

Gコード一覧表

スクロールできます
コードグループ意 味
G00 01 位置決め(早送り)
G0101 直線補間(切削送り)
G0201 円弧補間/ヘリカル補間CW
出力軸側から見て時計方向(正転)
G0301 円弧補間/ヘリカル補間CCW
※出力軸側から見て反時計方向(逆転)
G04 00ドゥエル
※「G04 P_ ;」または「G04 X_ ;」で指定
G04.1 00Gコードによるマスクバッファ
G0500AI輪郭制御(高精度輪郭制御互換指令)
G05.1 00AI輪郭制御
G05.4 00HRV3オン/オフ
G07.1 00円筒補間
G0800AI輪郭制御(先行制御互換指令)
G0900イグザクトストップ
G1000プログラマブルデータ入力
G10.600工具退避&復帰
G1100プログラマブルデータ入力モードキャンセル
G1338ギャップ制御モードON
G1438ギャップ制御モードキャンセル
G13.242アプローチ中ビーム出力モードON
G14.242アプローチ中ビーム出力モードキャンセル
G1517極座標指令キャンセル
G1617極座標指令
G1702XpYp平面指定
G1802ZpXp平面指定
G1902YpZp平面指定
G20(G70)06インチ入力
G21(G71)06メトリック入力
G2204ストアードストロークチェック機能オン
G2304ストアードストロークチェック機能オフ
G2400ピアシング指令
G2700レファレンス点復帰チェック
G2800レファレンス点への自動復帰
G28.200インポジションチェック無効、レファレンス点復帰
G2900レファレンス点からの移動
G3000第2,第3,第4レファレンス点復帰
G30.200インポジションチェック無効、第2,第3,第4レファレンス点復帰
G3100スキップ機能
G3200アシストガス指令
G3900工具径・刃先R補正コーナ円弧補間
G4007工具径・刃先R補正キャンセル
G4107工具径・刃先R補正左
G4207工具径・刃先R補正右
G40.118法線方向制御キャンセルモード
G41.118法線方向制御左側オン
G42.118法線方向制御右側オン
G5011スケーリングキャンセル
G5111スケーリング
G5200ローカル座標系設定
G5300機械座標系選択
G53.200送り速度指令による機械座標系選択
G54(G54.1)14ワーク座標系1選択
G5514ワーク座標系2選択
G5614ワーク座標系3選択
G5714ワーク座標系4選択
G5814ワーク座標系5選択
G5914ワーク座標系6選択
G6000一方向位置決め
G6115イグザクトストップモード
G6215自動コーナオーバライド
G6415切削モード
G6300レーザパワーコントロール
G6500マクロ呼出し
G6115イグザクトストップモード
G6215自動コーナオーバライド
G6415切削モード
G6612マクロモーダル呼出しA
G66.112マクロモーダル呼出しB
G6712マクロモーダル呼出しA/Bキャンセル
G6816座標回転モードオン
G6916座標回転モードキャンセル
G72.100図形コピー(回転コピー)
G72.200図形コピー(平行コピー)
G7500多数個製品取り指令X
G7600多数個製品取り指令Y
G7700多数個製品取りの基準点指令
G8416座標回転
G8516座標回転キャンセル
G9003アブソリュート指令
G9103インクレメンタル指令
G91.100最大インクレメンタル指令量チェック
G9200ワーク座標系の設定
G92.100ワーク座標系プリセット
G107(G07.1)00円筒補間
G150(G40.1)18法線方向制御キャンセルモード
G151(G41.1)18法線方向制御左側オン
G152(G42.1)18法線方向制御右側オン

Gコードの注意点

電源投入時orリセットによりクリア状態になった時モーダルのGコードの状態

  1. Gコード一覧表赤太字のGコードの状態となります。
  2. G20とG21は、電源投入またはリセットによるクリア状態で変化しません。
  3. G22とG23は、パラメータG23(No.3402#7)により電源投入時にどちらのGコードの状態にするかを設定できます。なお、リセットによるクリア状態では変化しません。
  4. G00とG01は、パラメータG01(No.3402#0)によりどちらのGコードの状態にするかを設定可能です。
  5. G90とG91は、パラメータG91(No.3402#3)によりどちらのGコードの状態にするかを設定可能です。
  6. G17,G18およびG19は、パラメータG18(No.3402#1)および、パラメータG19(No.3402#2)によりどの Gコードの状態にするかを設定可能です。

その他注意事項

  1. G10とG11を除く、00グループのGコードはワンショットのGコード。
  2. Gコード一覧表にない、または対応するオプションがない Gコードを指令した場合
    • アラーム(PS0010)”使用できないGコードを指令しました”が表示されます。
  3. 異なるグループのGコードは、同一ブロックに複数個指令できます。
    同じグループのGコードを同一ブロックに複数個指令すれば、最後に指令したGコードが有効です。
  4. 穴あけ用固定サイクル中に01グループのGコードを指令すると、穴あけ用固定サイクルはキャンセルされ、G80を指令したのと同じ状態になります。
    なお、01グループのGコードは、穴あけ用固定サイクルの指令Gコードの影響を受けません。
  5. Gコードはグループ番号ごとに表示されます。
  6. G60のグループは、パラメータMDL(No.5431#0)によって切り換え可能。
    (MDL=0:00グループ、MDL=1:01グループ)

Gコード関係のパラメータ

パラメータNo.3402#0 <G01>
[入力区分]パラメータ入力
[データ形式]ビット系統形
[機能]
電源投入時およびクリア状態時は
0:G00モード(位置決め)
1:G01モード(直線補間)
パラメータNo.3402#1 <G18>
[入力区分]パラメータ入力
[データ形式]ビット系統形
[機能]
電源投入時およびクリア状態時は
0:G17モード(X-Y平面)
1:G18モード(Z-X平面)
パラメータNo.3402#2 <G19>
[入力区分]パラメータ入力
[データ形式]ビット系統形
[機能]
電源投入時およびクリア状態時は
0:パラメータG18(No.3402#1)に従う
1:G19モード(Y-Z平面)
パラメータNo.3402#3 <G91>
[入力区分]パラメータ入力
[データ形式]ビット系統形
[機能]
電源投入時およびクリア状態時は
0:G90モード(アブソリュート指令)
1:G91モード(インクレメンタル指令)
パラメータNo.3402#7 <G23>
[入力区分]パラメータ入力
[データ形式]ビット系統形
[機能]
電源投入時は
0:G22モード(ストアードストロークチェックオン)
1:G23モード(ストアードストロークチェックオフ)
パラメータNo.5431#0 <MDL>
[入力区分]パラメータ入力
[データ形式]ビット系統形
[機能]
G60モードにおいて、一旦停止点でインポジションチェックを
0:実行する(加減速の終了のみを待つ)
1:実行しない

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる