【FANUC】ロボット原点保持用アブソリュートバッテリー交換方法

FANUC-EyeCatch

FANUCには主電源オフ時でも絶対位置検出器(APC)を電池を使って稼働させる、専用のアブソリュート(以下ABS)バッテリーが存在します。

絶対位置検出器への供給電源は、サーボアンプの状態で異なります。

サーボアンプに電源が投入されている状態

供給元の電源によって保持
絶対位置検出器は主電源によって稼働している

サーボアンプの電源が切れている状態

ABSバッテリーによって保持
絶対位置検出器はABSバッテリーによって稼働している

絶対位置検出器への電源供給が断たれたとき、サーボアンプは現在位置を見失い、記憶していた機械原点と現在位置の関係がわからなくります。

正確な機械原点を割り出せなくなるため、オペレーターに機械原点復帰を要求する仕組みです。

装置の電源を切ったまま長期連休に入り、連休明けに立ち上げたら機械原点が消えていた

このような話は、連休明け後にある問い合わせの中でも多いトラブルです。

そんなことになる前に、自分でバッテリーを交換してみませんか。

要点を押さえてこれから説明する手順通りに作業を行えば、とても簡単ですよ。

目次

ABSバッテリーアラーム

アラームメッセージ

absバッテリアラーム
このアラームをみたらすぐにバッテリーを交換しましょう

ABSバッテリーの電圧が危険な領域まで下がると、オペレータメッセージに「ABSバッテリ電圧低下」が表示されます。

いつ機械原点が消えてもおかしくない状態です。すぐにバッテリーの交換作業を行ってください。

準備するもの

単一アルカリ乾電池4本

absバッテリー
マンガン電池はNG

単一のアルカリ乾電池4本を準備します。

できれば国産メーカーの製品を使ってください。

Panasonicのアルカリ乾電池がベターです。Amazonで購入すれば翌日には届きます。

安価な中国メーカーの電池は液漏れしやすく、電池不良による原点消失のリスクが高いため危険です。

FANUCが推奨する電池のスペックを載せておくので、選定する際の参考としてください。

メーカーPanasonic
型式LR20XWA/B
電池サイズD(単一)
出力電圧1.5V
保存可能期間7年(容量80%以上)
FANUCが推奨する産業用アルカリ乾電池(非売品)

バッテリー交換方法

サーボアンプの電源を投入する

バッテリーを交換する前に電源を投入し、サーボアンプおよびCNC装置に電源を運転状態にします。

バッテリーケースの蓋を開ける(電源は入れたまま!)

absフタ開ける
外したあとのフタをなくさないように注意

マイナスドライバーで左右の止めねじを緩めます。

この時、ネジの山を潰さないように注意してください。

古い電池を抜く(電源は入れたまま!)

absバッテリ古い
電池を抜く前に写真を撮っておくと向きを間違えにくい

フタをはずしたら古い電池4本を取り外します。

新しい電池を取り付ける(電源は入れたまま!)

absバッテリ内側
間違った向きで電池を取り付けると機械原点が消えることがあります

バッテリーケース内の挿入方向に従い、通り新しい電池を取り付けます。

電池の向きがわからなくなったら、次の図の通りに取り付けてください。

ABSバッテリ向き

蓋を取り付ける(電源は入れたまま!)

ABSケース向き
フタを閉める前に電池の向きは確認しましたか?

フタには極性があります。交換前と同じ向きで取り付けてください。
しっかりと増し締めして、フタに緩みがないことを確認します。

CNC装置の電源を再投入する

電源を再投入してCNC装置を再起動してください。

メッセージを確認しアラームがないことを確認する

メッセージなし

メッセージを開き、アラームが表示されていないことを確認したら作業完了です!

電池の交換に失敗し、機械原点が消えてしまった場合次のアラームが発生します。

レファレンス点復帰アラーム
電池交換に失敗すると全軸分のアラームが発生します

機械原点の再設定方法は【FANUC】ファナックの機械原点設定(レファレンス点復帰)方法【パラメータ1815】を参照してください。

交換頻度

バッテリの基準電圧は6.4Vです。

使用期間に関わらず、電圧が6Vを下回ったら交換してください。

通常使用なら1年に1度

1週間に24時間以上稼働している設備なら、ABSバッテリの交換頻度は1年に1度くらいを目安に交換してください。

使用しない期間が長い場合は半年に1度

電源を切っている期間が長くなるほど、絶対位置検出器を電池で駆動する時間が長くなるので、消耗が激しくなります。

1週間に10時間程度しか稼働しない設備は、半年に1度バッテリを交換しましょう。

6V以下になったら交換。交換時は主電源を切らずに作業すること!

原点を消失させないために、必ずCNC装置の電源を入れた状態で作業を行ってください。

一度機械原点が消えると再設定に手間がかかりますし、以前と同じ原点を出せないために加工精度へ影響がでます。

間違った操作にて機械原点が消えてしまったときは、【FANUC】ファナックの機械原点設定(レファレンス点復帰)方法【パラメータ1815】 を参考に設定をおこなってください。

このページをブックマークできます

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 誤字
    【誤】樹会原点が消えてもおかしくない状態です。
    【正】機械原点が消えてもおかしくない状態です。

    • 太田 敦 様

      いつも電装制御屋の備忘録をご覧いただき、誠にありがとうございます。
      ご指摘の誤字を修正しました。
      コメントにてご連絡いただけましたことを感謝いたします。

コメントする

CAPTCHA


目次