【FANUC】EtherNet/IPのイーサネットパラメータ設定方法【実例解説】

FANUCのCNCでは、オプションボードを利用したEtherNet/IP接続が可能です。
設備同士の取合信号、センサーからデジタルデータ取得など、かなり普及しているみたいですね。

これからFANUCのCNCでEtherNet/IPの利用を検討している人や、操作方法がよくわからない人に向けて、EtherNet/IP接続のセットアップについて解説します。

目次

オプションボード

型式

EtherNet/IP接続を利用するには、オプションボードを追加します。
オプション部品なので、FANUCもしくは設備メーカーから購入できます。

オプションボード型式:A20B-8101-0770/07B

前提条件

ネットワーク全体像

今回説明するネットワーク構成および設定内容は、画像の内容を前提として解説します。

EtherNet/IP接続の設定手順

パラメータ設定

STEP
EtherNet/IP設定画面を開く
イーサネットipキー表示
  1. ハードキー[SYSTEM]を押す
  2. ソフトキー”Eth/IP”を選択
STEP
IPアドレスとサブネットマスクを入力する
イーサネットip自ノード設定

自ネットワーク情報を設定します。

IPアドレス

自IPアドレスを設定します。

IPアドレスの入力範囲は [0.0.0.0] ~ [255.255.255.255] です。

同一ネットワーク内でIPアドレスは重複できません。

サブネットマスク

自サブネットマスクを設定します。
同一ネットワーク内の取り決めにしたがって、ホストアドレス部分とネットワークアドレス部分を正しく入力してください。

サブネットマスクの入力範囲は [0.0.0.0] ~ [255.255.255.255] です。

ルータIPアドレス

同一ネットワーク内にルータが存在する場合のみ、ルータのIPアドレスを入力してください。

ルータが存在しない場合、空白のままにしてください。

STEP
EIPアダプタの共通設定を行う
イーサネットipアダプタ設定1

システム内部の設定を行います。

ステータスアドレス

EtherNet/IPアダプタ機能のステータスを格納するPMC先頭アドレスを指定します。
アドレスは”R” “E” “D”領域から選択し、使用しない場合は” “(空白)を指定してください。

アドレスR1000を指定しました

ステータスアドレスの詳細は次のとおりです。

スクロールできます
 #7#6#5#4#3#2#1#0
+0 (R1000)OPEERR
+1 (R1001)ENA4ENA3ENA2ENA1
+2 (R1002)IN4IN3IN2IN1
ステータスアドレスとシンボル一覧
スクロールできます
信号説明
ERR異常発生中(MS:回復可能なエラーまたは致命的なエラー)です
OPE正常動作中(MS:動作中)です
ENAx割付設定xの項目「状態」の値が”有効”です
INx割付設定xにExclusive Ownerのコネクションが接続されています
シンボル詳細
ステータスサイズ

ステータスを格納するPMC領域のサイズを指定します。
単位はバイトで、”0″、”1″、”3″バイトの中から設定し、使用しない場合は”0″を指定してください。

今回の例では3バイト(アドレスR1000.0~R1002.7に格納)に設定しました。

オプション1

基本的にはすべて”0″で問題ありません。今回の例でもすべて”0″に設定しています。
各Bitの機能は次のとおりです。

Bit 0

DHCPクライアント機能で取得したパラメータを不揮発性メモリ(SRAM)に

  • 0:保存しない
  • 1:保存する(保存に成功した場合、Bit 1を自動的に”1″に変更します)
Bit 1

DHCPクライアント機能を

  • 0:有効にする
  • 1:無効にする(手動で指定することはできません)
Bit 2

スキャナ機能とアダプタ機能の双方が有効な時、EDSファイルに出力される内容を指定します。

  • 0:スキャナ機能設定画面から出力するとスキャナ機能用、アダプタ機能設定画面から出力するとアダプタ機能用のEDSファイルを出力します。
  • 1:出力する画面に関わらず、スキャナ機能とアダプタ機能の双方の内容を含んだEDSファイルを出力します。
Bit 3-7

システム用の予約Bitです。必ず”0”としてください。

すべて0に設定しました。

オプション2

各Bitの機能は次のとおりです。基本的にはすべて”0″で問題ありません。

Bit 0

次回電源投入時に、EtherNet/IPスキャナ機能の全パラメータの初期化を

  • 0:行いません
  • 1:行います
Bit 1-7

システム用の予約Bitです。必ず”0”としてください。

すべて”0″に設定しました。

STEP
EIPアダプタの割付設定を行う

ネットワークから取得したデータを、PMCラダーで利用するための設定です。

種類(DI/DO)

DI/DOデータを格納する領域の種類を選択します。

  • 0:DI/DOデータを使用しない(アドレス、サイズへの設定ができなくなります)
  • 1:DI/DOデータをPMC領域に割り付ける

0に設定しました。

アドレス

DI/DOデータを格納する領域の先頭アドレスを指定します。

  • 「種類」が”0″の時設定不可
  • 「種類」が”1″のときDI/DOデータを格納するPMC領域の先頭アドレスを指定
  • “R”、”D”、”E”のアドレスが使用可
  • DIにはアドレス”X”、DOにはアドレス”Y”を指定可
  • PMCのX/Y領域を割り付ける場合は、パラメータNo.11937~No.11939の設定が必要

DI=”E3000″、DO=”E4000″に設定しました。

サイズ

DI/DOデータを格納する領域のサイズ(単位:バイト)を指定します。
「種類」が”0″の時設定できません。”1″のとき、DI/DOデータを格納するPMC領域のサイズを指定します。

DI=10バイト(E3000.0~E3009.7)、DO=20バイト(E4000.0~E4019.7)に設定しました。

オプション
Bit 0-1

DI/DOのデータ単位を設定します。単位設定は次の表のとおりです。

Bit1Bit0データ単位
00バイト
01ワード(2バイト)
10ロング(4バイト)
11設定エラー

-データの単位をワードにする場合、アドレスとサイズをワード単位で指定する必要があります。
 例)アドレス/サイズ = R1000/2、R1002/4、R1004/6
-データの単位をロングにする場合、アドレスとサイズをロング単位で指定する必要があります。
 例)アドレス/サイズ = R1000/4、R1004/8、R1008/12

Bit 2

エンディアン変換を

  • 0:行わない
  • 1:行う
Bit 3-7

システム用の予約Bitです。必ず”0”としてください。

すべて”0”に設定しました。

接続(ping)テスト

STEP
接続先の設定
イーサネットip ping相手アドレス入力

接続先とのPINGチェックを行います。

ホスト名(IPアドレス)

接続先のIPアドレスを入力します。

接続先IPアドレスは”192.168.1.0″に設定しました。

実行回数

接続テストを実行する回数を設定します。初期値”3″のままで問題ありません。

STEP
PINGテストを実行する

機能キーから[PING実]を選択して、PINGテストを実行します。

STEP
PINGテストの結果を確認する
イーサネットip相手アドレスping実行

接続状態画面から、PINGテストの実行結果を確認します。
接続が正常であれば、実行回数分だけ”応答を受信しました”と表示されます。

以上でパラメータ設定から接続確認は完了です。

あとがき

いかがだったでしょうか?

FANUCでのEtherNet/IP接続に関する情報が少なかったため、自分でまとめてみました。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる