【FANUC】表示言語を切り替えて日本語に設定する方法

忙しい人向けまとめ
  • ダイナミック言語切換え画面から言語を切り替える
  • パラメータNo.3281を”1”にすると日本語に切り替えることができる

中古の設備を導入した際に、海外向け仕様に設定されていたことはありませんか?
海外工場への出張等で現地言語がわからず操作ができないことはありませんか?

作業をするときくらいは一時的に日本語に戻したいですよね。

今回はそんな悩みを解決する、言語切替手順について解説します。

目次

言語の切替方法

言語設定から変更する(ダイナミック切換え)

言語設定画面

通常はオフセットセッティング画面に言語設定が準備されています。

設定したい言語を選択すると言語変更処理が実行され、直後に言語が切り替わります。

言語設定ボタンが表示されない場合は、言語設定表示を有効にする必要があるので、言語設定表示を有効にする方法を参照してください。

パラメータから変更する

パラメータからも言語設定を変更することができます。

パラメータ書き込み設定を有効にする

オフセットセッティング パラメータ書き込み

オフセットセッティング画面より、[セッティング]を選択します。

「パラメータ書き込み」にカーソルを合わせて、[オン:1]を選択することで”1”に変更することができます。

パラメータ書込み可アラーム

設定変更後、アラーム”SW0100 パラメータ書き込み可能です”が発生しますが無視して構いません。

表示言語のパラメータを日本語に設定する

言語設定パラメータNo.3281

パラメータNo.3281が表示言語の設定です。

日本語に設定したい場合は、パラメータNo.3281の設定値を”1”に設定してください。

その他の言語に設定したい場合は、次のパラメータ詳細説明欄を参照ください。

パラメータNo.3281 [表示言語]
[入力区分]パラメータ入力
[データ形式]バイト形
[データ範囲]0~21
[機能]
表示言語を選択します。
設定値と表示言語の関係は次の表のとおりです。

設定値 表示言語 Language
0 英語 English
1 日本語 Japanese
2 ドイツ語 Deutsch
3 フランス語 Français
4 中国語(繁体字) Traditional Chinese
5 イタリア語 Italiano
6 韓国語 Korean
7 スペイン語 Español
8 オランダ語 Nederlands
9 デンマーク語 Dansk
10 ポルトガル語 Português
11 ポーランド語 Język polski
12 ハンガリー語 Magyar nyelv
13 スウェーデン語 Svenska
14 チェコ語 Čeština
15 中国語(簡体字) Simplified Chinese
16 ロシア語 Pусский язык
17 トルコ語 Türkçe
18 ブルガリア語 български език
19 ルーマニア語 Limba română
20 スロバキア語 Slovenčina
21 フィンランド語 Suomi

CNC電源を再投入する

パラメータNo.3281を変更した後に、CNCを再起動してください。

再起動後、表示言語が変更されていることを確認してください。

言語設定(ダイナミック切換え)を有効にする方法

パラメータNo.3280#0 <NLC>を”0”に設定する

言語表示有効無効パラメータ

パラメータNo.3280#0<NLC>が”1”の場合、言語設定の画面が非表示となります。

言語設定(ダイナミック切換え)画面を有効にするには、パラメータNo.3280#0<NLC>を”0”に変更してください。

パラメータ変更後、言語設定画面が使用できるようになります。

パラメータNo.3280#0 <NLC>
[入力区分]パラメータ入力
[データ形式]ビット形
[機能]
表示言語のダイナミックな切換えは
0:有効
1:無効

あとがき

中国の海外工場へ出張に行った際、中国語に設定された設備の操作に非常に苦労した覚えがありました。今回の記事はその備忘録といったところです。

未だに世界各国のコロナ禍が収まらないため、なかなか海外出張に行けず悶々としています。早く日常に戻れるよう、収束を願いたいですね。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる