【FANUC】CNCとPMCの違いをわかりやすい図解で解説【初心者向け】

CNCとPMCはFANUCを扱う中でよく聞きますよね?

  • CNCの役割は?
  • PMCの役割は?
  • 両者の違いは?

あなたは説明できますか?

経験者でも答えられるのは10人中1~2人くらいじゃないでしょうか。

私もFANUCを使い始めた頃は違いを理解していなかったので、説明もできないし聞いても理解できないレベルでした。
ですが、10年NCプログラムやPMCラダーを組み続けた結果、今ではどちらも理解したうえで使いこなしています。

この経験をもとに、FANUCを使い始めて間もない人に向けてCNCとPMCの違いを解説します。

目次

CNC

概要

CNC-yakuwari

CNCはComputer Numerical Controlの略称です。
日本語では「コンピュータ数値制御」と言います。

サーボモータをNCプログラム(プログラム化された数値指令データ)に従って、制御を行う方式です。

役割

NC(数値制御)プログラムに従って、サーボモータを運転します。

一般的なCNC装置では、同時に5台のサーボモータを運転(同軸制御)することができます。
このモータを様々な方向へ移動できるように組み合わせることで、3次元の動きを実現しているんですね。

NC(数値制御)プログラムは、対象軸の移動量や速度などの移動条件をサーボアンプへ指令します。
(例)X軸を速度10mm/minでプラス方向へ500mm移動する → G01X500.F10;
※G01は直線補間指令

PMC

概要

PMC-yakuwari

PMC(Programmable Machine Contorler)とは、CNCに内蔵されたPC(Programmable Contoroller)で、工作機械のシーケンス制御を実行するために存在します。

役割

ラダー言語によって作成されたシーケンスプログラムによって、CNC以外の外部機器とのやり取りを実現します。
また、内部I/Oを用いて、CNCとあらかじめ決められた内容の信号を受け渡します。

CNCとPMCの関係と違い

PMCはCNCの内部機能

CNC-PMC kankei
CNCとPMCのI/O概要図

PMCはCNCの内部機能です。

CNC装置は外部機器と直接やり取りができません。そのため、PMCが中継役として活躍します。

  • 【CNC】・・・サーボアンプへサーボモータの移動量・速度を命令する司令塔
  • 【PMC】・・・CNCとセンサーやモーターなど外部機器とやり取りする中継役

CNCと外部機器をやり取りしなくても、CNCは動かすことができます。
では、なぜPMCが必要なのでしょうか?

PMCが必要な理由

PMCが存在することで、CNCの機能をフルに活かすことができるからです。

PMCを設定しない機械は、次のようなデメリットが発生します。

  • プログラム運転以外すべて手動
  • 命に関わる安全装置なし
  • 操作を間違えると機械・人に被害大

こんな機械を私は使いたいと思いません。怖すぎます。

CNCと外部機器を連携させ、機械に求められる安全や利便性を満たす必要があるんですね。
PMCを正しく設定してあげると、

  • スイッチひとつで自動で動く
  • 危険な状態では動かない
  • 操作をまちがえたら停止する

こんなあたりまえのことですが、PMCがその役割をになうことを考えると、重要性が理解できたでしょうか?

簡単な例ですが、PMCが外部機器(起動ボタン)とCNCを仲介する図をのせておきます。

PMC-CNC START
スイッチひとつでCNCを起動する例

おまけ:PMCアドレス一覧

PMC-addres list

※赤字の記号はラダー上での使用頻度が高い

あとがき

今回はCNCとPMCの違いについて簡潔に説明してみました。

今後FANUCのCNCに関わるのであれば、NCプログラムとPMCラダーの習得は必須です。

  • NCプログラムは資料が豊富なので基礎レベルまではかんたん。
  • PMCラダーは、シーケンス言語&CNCー内部I/O間の処理を理解する必要があるためむずかしい。

PMCラダーの習得はむずかしいですが、需要が多いのに人手不足です。
いまから学習しても十分にもとが取れるスキルだと考えています。

この記事をみて少しでもCNCやPMCに興味を持っていただけたら幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる