【FANUC】0i系|オールデータバックアップ方法【プログラム&PMC&パラメータ一括】

バックアップデータを残しておくことは、設備に問題が起きた際に大きな助けとなります。

設備メーカーのサービスマンにバックアップデータを渡すことができると、問題解決までの時間が短縮できるからですね。

今回は0i系CNC装置において、全データを一度に吸い出すことのできるオールバックアップ方法について解説します。

目次

オールバックアップとは

NC装置に関わるデータ全部をまとめて取得できる操作です。

取得できるデータ一覧

バックアップを実行すると、記録媒体には下記のファイルが書き込まれます。装置によって使用している軸数や機能が異なるので、一様に同じデータが取得できるわけではありません。あくまでも一例なのでご注意ください。

all-backuplist

準備するもの

コンパクトフラッシュメモリ

cf-card

データの吸い出し先はコンパクトフラッシュメモリに設定されています。

容量の大きいものが販売されていますが、おすすめは32MBです。FANUC 0iシリーズ以前のNC装置では、32MB以上のコンパクトフラッシュメモリを読み込めません。0iシリーズ以外のNC装置を使用しないのであれば32MB以上のものを選択しても問題ありません。

コンパクトフラッシュ用 PCカードアダプター

pccard-slot

コンパクトフラッシュメモリをNC装置のPCスロットに接続するために必要です。コンパクトフラッシュメモリをPCカードに変換できるものであれば、どのメーカーのものでも問題ありません。

USBメモリを使いたい場合

パラメータNo.20を”10”に変更することで、USBメモリを入出力デバイスに設定できます。

詳細は次の記事で解説しているので、操作方法がわからない方はそちらを参照してください。

あわせて読みたい
【FANUC】USBメモリをデータ入出力機器に設定する方法【簡単】 まとめ パラメータNo.0020を”17”に設定する データを入出力の手段に、コンパクトフラッシュインタフェースとUSBメモリインタフェースが用意されています。 コンパクトフ...

バックアップ手順

コンパクトフラッシュメモリをPCスロットに差し込む

pccardin

コンパクトフラッシュメモリにPCカードアダプターを取り付け、写真と同じ向きで差し込みます。

装置の運転準備状態にする

設備に関する異常をすべて取り除き、運転準備状態にします。

全データバックアップを開始する

各種ハードキーの名称は下記のとおりです
hardkeyleft ソフトキー項目切替え左   ソフトキー項目切替え右
system-pb システム画面表示キー

1.システム画面を呼び出す

ハードキー[SYSTEM]でシステム画面を呼び出します。電源投入後の初期操作であればパラメータ画面が表示されます。

system-first

2.入出力(全データ)画面を呼び出す

ハードキー[▶]を2回押すと、項目[オールI/O]が表示されるので選択して入出力(全データ)画面を表示させます。

ALLIO-SELECT


ALLIO-STARTMONI

3.全データを指定する

入出力(全データ)画面が呼び出されたら、ハードキー[▶]を押して[全データ]を選択します。

allio-alldata

4.全データのバックアップを出力する

下段の機能項目の内容が変化するので、[F 出 力]を選択します。

ALLIO-CONTROL

5.全データのバックアップ出力を実行する

ソフトキー[実 行]を選択します。

バックアップが開始されると、シーケンスバーが表示されデータの吸い出しが始まります。その間他の操作はせず次のメッセージが表示されるまで待機してください。

バックアップが完了すると、電源を遮断する旨のメッセージが表示されるので、指示に従ってNC装置の電源を遮断します。

allio-start

allio-loading

allio-off

6.NC装置を再起動する

電源を遮断して、再度投入します。

NC装置立ち上げ中にSRAM、USERFILEのバックアップを取得するので、コンパクトフラッシュメモリを抜かずにNC装置が立ち上がるまで待機してください。NC装置が立ち上がったらバックアップ取得は終了です。コンパクトフラッシュメモリを抜いて、データをパソコンに保存してください。

allio-restart

nonmesage

あとがき

いかがだったでしょうか。

バックアップを定期的に取ることで、データ変更による不具合が発生しても復旧が可能です。また、バッテリー切れでデータを消失しても、リカバリーできる確率がアップします。

バッテリー交換前にもバックアップを取っておくと安心ですね。バッテリー交換方法も解説しているので、そちらも読んでもらえると嬉しいです。

あわせて読みたい
【FANUC】0i系|システムデータ保持用のバッテリー型式と交換方法 忙しい人向けまとめ 交換用NCバッテリーの型式:A98L-0031-0028 バッテリーはLCD表示器の裏側にある CNCの電源を入れたまま交換する(重要!) NC装置のプログラムやパ...

操作がわかれば簡単にデータが取得できるので、定期的にバックアップを取って不意の事態に備えましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる