FANUC用のRS232Cケーブルを自作する(結線図あり)

最近、iの付かないPower Mateを搭載した設備のラダーを編集できず困りました。

その理由は、RS-232C通信用のケーブルを持っていなかったから。

市販品でそのまま使えるケーブルがないか探しましたが、見つからず。

ということで自作することにしました。

これから紹介するケーブルは、21iーMBと0iーMDで動作確認済みです。

目次

ピンアサイン(結線図)

結論は以下の通り。

オレンジの線は、コネクタ内部で短絡してください。

ケーブル長を1~2mで制作する際は、FGへのシールド結線は不要です。

また長すぎるケーブルはノイズの影響を強く受けるため、ケーブル長は15m以下にしてください。

必要な部品

必要な部品をそろえるとこんな感じ。

他、必要な工具は次の通り。

  • ニッパー
  • はんだごて
  • はんだ
  • ワイヤストリッパー
  • 絶縁ビニルテープ

部品と工具がそろったら、結線図の通りに配線してください。

補足

ANUCのNC装置側は25ピンです。

↓の図では、中継コネクタ(DBMー25S)にあたります。

対して、パソコンやRS-232C通信機器側は9ピンです。

注意

FANUC側における、RS-232C中継コネクタの24番ピンには、DC24Vが印加されています。

これはFANUC製のRS-232Cの電源用として設置されているもの。

ケーブル自作時に間違って+24Vに結線しないよう、結線図とピン番号に間違いがないか確認しながら進めてください。

RS-232C関係のパラメータ

RS-232Cインタフェースに関する、パラメータは↓を参照してください。

あわせて読みたい
【FANUC】RS232Cインタフェース(シリアル通信)関係のパラメータ一覧 FANUC 0i MODEL-Fにおける、RS232Cインタフェース関係のパラメータ一覧です。 下記の表からパラメータシンボルを選ぶと、対象のパラメータ説明へジャンプします。 ≫ 他...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる