MENU

転職エージェントとは転職を成功に導く人気のサポートサービス!転職サイトとの違いを解説

電気制御設計の求人探しを検討している人なら、誰しもがまず思い浮かべるのはマイナビ転職などの転職サイトではないでしょうか。

手軽に求人を見つけられるので便利な半面、求人を探すことしかできないのがデメリットですよね。

『初めての転職』『未経験からの転職』『転職を絶対に成功させたい』という人にとっては、不安の多い転職活動になりがちです。

この記事では、転職にかかわる活動を無料でサポートしてくれる転職エージェントについて解説します。

転職活動経験と採用担当経験を元に、転職サイトと転職エージェントの違いと、転職エージェントを使うべき理由を書きました。

より転職現場の内部事情に近い情報を知ったうえでサービスを利用することで、転職の成功率をアップできます。

転職活動を始める前に、転職エージェントがどういったサービスなのかを理解しておきましょう。

もくじ

転職エージェントとは?

シーケンス制御エンジニア向け転職エージェントとは人材マッチングサービス

転職エージェントとは、転職を希望する人と企業のマッチングをおこなう人材紹介サービスです。

Marketing Media Labの転職意識調査によると、転職活動中の3人に1人が転職エージェントを利用しているデータが報告されています。

ひとりで転職活動している人よりも転職成功率が高いと評判なので、本気で転職を考えている人に人気急上昇中のサービスです。

転職エージェントでは転職に関わるすべての悩み・めんどうごとをサポートしてくれる

一般的な転職活動では、以下の作業を自分ひとりで全てこなさないといけません。

  • 求人探し
  • スケジュール管理
  • 企業研究
  • 履歴書や経歴書
  • 企業との連絡
  • 面接対策
  • 入社条件交渉

転職活動がなかなか終わらない人の多くは、これらを自分ひとりでこなそうとして前に進めず挫折してしまう点にあります。

しかし転職エージェントを利用すれば、転職活動の負担を大幅に減らすことが可能です。

その理由は、専属のアドバイザーが登録から内定後まで一貫してあなたの転職活動をサポートしてくれるから。

1人で転職活動する際の負担が10だとすると、転職エージェントを使えば4程度まで負担が減るといった具合です。

転職エージェントを利用するだけで転職活動の負担を大幅に減らせるため、転職活動に時間を割けない人から人気を博しています。

転職エージェントを利用した際の登録から内定後までの流れは、下記の記事で詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

>>転職エージェント利用時の登録から内定までの流れ

利用料金が無料なのは企業側が100万円を超える手数料を払っているから

転職エージェントを利用するにあたって気になるのが、料金です。

当サイトで紹介している転職エージェントは、ビズリーチを除き無料で利用できます。

なぜ無料で利用できるかというと、企業側が採用時に手数料を転職エージェントに支払っているからです。

企業が転職エージェントに支払う金額はゆうに100万円を超えます。

数ある採用方法の中でも一番コストが掛かる方法であり、本気で採用活動に励む企業しか求人を出せません。

そのため低コストな転職サイトやハローワークと比べて、優良企業の求人が多い点も転職エージェントのメリットです。

登録前に履歴書・職務経歴書を準備しておくとスムーズ、面談しながら作成してもOK

転職エージェントへの登録は簡単です。

履歴書および職務経歴書を準備しておくと、よりスムーズに登録できます。

書類を準備しないといけないのはめんどくさいなぁ…

という方も、書類を準備せずに登録しても問題ありません

初回の面談までに準備するか、面談の際にアドバイザーと協力しながら作成することも可能です。

転職エージェントはあなたの味方です。あまり気負わずに気楽に利用しましょう。

転職エージェントと転職サイトの大きな違い

転職エージェントと転職サイトの大きな違いは、転職活動をサポートしてくれるアドバイザーが付くことです。

転職サイトは気楽に利用できる一方、求人探しから書類作成や選考対策などを自分ひとりでしないといけません。

転職エージェントでは、求人探しから選考対策まで転職活動に関わる悩み・めんどうごとをサポートしてくれます。

転職エージェント転職サイト
求人数転職サイトよりは少ないが、各社独自の非公開求人がある転職エージェントより多い
希望する求人と出会える確率アドバイザーが希望条件にあった求人を提案してくれるため、出会いやすい企業研究、求人内容を精査しないと、出会いにくい
選考サポート履歴書・職務経歴書の書き方や、面接対策(模擬面接)を手取り足取り教えてくれるお役立ちレベルの情報は載っているが、自分ひとりで進めないといけない
年収交渉アドバイザーが代行してくれる自分でしないといけない
退職サポートアドバイザーがサポートしてくれる自分でやるか、退職代行をつかう
転職エージェントと転職サイトの違い一覧

転職サイトには載っていない転職エージェントが保有している独自の非公開求人に応募できる

転職エージェントには、転職サイトでは取り扱っていない独自の非公開求人が数多く存在します。

その理由は、採用する目的の違いによるものです。

転職サイト大量採用が目的なので、コストを抑えてたくさんの人に応募してほしい企業の求人が集まる
転職エージェント1人あたりの採用コストが高いため、スキルを求められるポジションの求人が集まる

採用コストが高くなっても、必要な人材を採用したい企業が転職エージェントに登録しています。

そのため転職エージェントには、転職サイトには載っていない独自の非公開求人が多く集まるのです。

初回面談を通してやりたいことや自分の強みがわかる

転職活動を始めるにあたって、最初に超えないといけない壁が、転職目的を考えることと自身の強みを理解することです。

自分ひとりで転職活動をする人の多くが、自分の強みややりたいことがわからずに頭を抱えています。

転職エージェントを利用すれば、登録直後に受けられる初回面談を通じて転職目的と自身の強みを言語化することが可能です。

言語化さえできてしまえば、文章を書くのが苦手だったり、人前で話すことが苦手な人でもスムーズに自己表現ができるようになります。

初回面談で話す内容や受けるまでの手順については、下記の記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。

>>転職エージェントの初回面談って何?服装から準備するものまで解説

履歴書や職務経歴書を添削してもらえ模擬面接にも対応してくれるから安心

転職活動に必要な『履歴書』や『職務経歴書』は、正しい書き方を知っていないと選考で不利になります。

逆を言えば、正しい書き方を知っているだけで選考の通過率がアップするということです。

転職エージェントのアドバイザーが、選考に通るための書き方を手取り足取り教えてくれます。

文章力に自身がない人でも、企業の採用担当者の目に留まるような履歴書・職務経歴書を書けるようになりますよ。

自分から探さなくても希望にピッタリの求人をアドバイザーが紹介してくれる

自分ひとりで求人の内容を見極めるのは、至難の業です。

何度もなんども求人に応募して面接を受けることで、求人の選球眼が磨かれていきます。

転職エージェントを利用すれば、選球眼を磨くようなトライ・アンド・エラーは不要です。

あなたは希望を伝えて待っているだけでよく、アドバイザーがあなたの希望にピッタリの求人を多数紹介してくれます

アドバイザーが応募企業へ推薦状を出してくれるので書類通過率アップ

転職エージェントを通じて応募した場合は、アドバイザーが『推薦状』を合わせて提出してくれます。

採用担当者が応募者の書類選考をする際は、履歴書・職務経歴書で判断することがほとんどです。

しかし転職エージェント側が推薦状で強く推してくる方がいれば、他の書類は無視して面接まで進んでもらいました。

採用担当側としても、第三者目線で書かれた推薦状があると安心なので、推薦状が書類通過率に大きく影響していることは間違いありません。

言い出しにくい年収交渉を代行してくれるため年収アップの転職に成功しやすい

「条件がいい会社と出会えたけど、年収が希望に届かない…」という場合は、転職エージェントを通じて年収交渉をしてもらいましょう。

年収交渉のような繊細な話は、伝え方一つで相手企業のあなたに対する印象がガラリと変わります

希望年収が想定年収よりあまりにも高すぎたり、無理な交渉で印象が悪くなり、結果として内定取り消しにも繋がる原因です。

印象を悪くせずに年収アップを叶えたいなら、交渉のプロである転職エージェントにお願いしましょう。

会社の辞め方がわからないときはアドバイザーが手取り足取り教えてくれる

転職するにあたって、今の職場をしこりを残さずスムーズに辞めたいですよね。

会社の辞め方に困ったら、転職エージェントに相談しましょう。

退職届の書き方から適切な引き継ぎ期間など、退職に関わるイロハを手取り足取り教えてもらえます

また退職時に起きうるトラブルに関しても、転職エージェントが解決まで導いてくれますよ。

転職エージェントには総合型と特化型の2種類がある

転職エージェントを大きく分けると、『総合型エージェント』『特化型エージェント』2種類に分かれます。

>>電気制御設計の転職エージェントは総合型と特化型どっちがいい?

それぞれのエージェントごとに特徴があり、転職目的や職歴に応じて使い分けることが多いです。

総合型転職エージェントは求人数・種類を求める人に向いている

総合型エージェントは、幅広い業種・職種の求人を数多く扱っている点をウリにしています。

未経験者向けの求人を数多く扱っているため、未経験から電気制御設計エンジニアを目指す方に最適です。

経験者向けの求人もありますが、幅広く扱う弊害として専門性が低いことがあるため、特化型の利用をオススメします。

ですが、「求人をたくさん紹介してほしい!」という方経験者の方なら、総合型エージェントの利用もありでしょう。

>>電気制御設計エンジニア向けの総合型転職エージェント一覧

特化型転職エージェントは転職理由がはっきりしている人に向いている

特化型エージェントの強みは、専門性の高さにあります。

そのた代表と言えるのが、製造系エンジニアを専門で扱う『メイテックネクスト』です。

電気制御設計の求人が多く、エンジニア出身のアドバイザーがサポートしてくれます。

業界に対する知識が豊富なので、専門的でコアな話をしやすい点も見逃せません。

特化型エージェントを利用すれば、より希望通りの求人を見つけられるため、転職目的がはっきりしている方におすすめです。

>>電気制御設計エンジニア向けの特化型転職エージェント一覧

転職エージェントを複数利用するとより希望の求人に出会える

転職エージェントを1社しか使ってはいけないというルールはありません。

エージェントを複数利用することで、転職活動を有利に進められる人もいます。

複数利用をする一番のメリットは、多くの非公開求人にアクセスできること。

ほかにも得意な分野が違うエージェントを使い分けて、お互いの弱点を補うこともできます。

デメリットとして、利用するエージェントが増えるほど忙しい転職活動になってしまうということが挙げられます。

初めて転職エージェントを利用する人は、ひとつのエージェントを使い込むことから始めましょう。

転職エージェントをの複数利用を詳しく知りたい人は、下記の記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

>>転職エージェントを複数利用するメリット・デメリットと注意点

もくじ